テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

ショートラリーを真剣に考えてみる テニス 上手くなる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います)を開始しました。

テニスが上手くなりたい人の参考になればと思います。

今日のお題ですが、”ショートラリーを真剣に考えてみる”ですが、
まずショートラリーについてです。

ショートラリーとは
練習2-2

この範囲でラリーをすることです。

動画でいうとこれです。

これって考え方によってはちっさいテニスコートなんです。

テニスのミニマムバージョンです。

つまりこの練習でボールをコントロールできれば普通のコートでもコントロールできるということです。

動画の人たちも下手ではないですが、ボールが安定してないですよね??

安定というのは同じ速さ・高さ・回転量のことを言います。

コートが小さいのであまり早くスイングするとボールが収まりませんので調節が必要です。
ですが、ゆっくりなスイングでボールをコントロールできない人が速いスイングでボールをコントロールできないです。
できるって人は天才の部類の人です。笑

できればゆっくりなボールで回転をかけて同じ高さを意識して練習してください。

意識するっていうのが大事です。
最終的には無意識に行えるところまで行ってほしいと思っています。

ショートラリーでしっかりこれができれば普通のラリーも安定したショットが打てます。
意識することは同じです。同じ速さ・高さ・回転量。

普通のラリーではコートがショートラリーに比べると大きくなるので速さ・高さ・回転量のレベルを上げてください。

ただ同じ速さ・高さ・回転量は意識してください笑

ロングラリーでのポイントですがスピンをかけて相手のフォア側にコントロールできるようにしてください。
学生の時(かなり昔…)テニスコーチをしていましたが、相手のバックにしかボールを飛ばせない人が多くいました。これはちゃんとスピンがかけられていないからなります。もしくは意識できていない人ですね。
他には打点が後ろで取りがちな人です。そういう人はもう少し前(左足の前かつま先あたりで打つとよいでしょう)で打つようにしてください。

次回はフォアハンドとは(完全に持論ですが参考になると思います)を書きたいと思います。
しばしお待ちを!!

フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP