テニス ガット

テニス ガットの節約術 少しでも安くテニスをするための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




はい、今回はテニスのガットの節約についてです。

テニスのガットはお店で張り替えれば結構な値段します。

都内のテニスショップではRPMブラストを張り替えようとすれば4500円くらいします。

けっこう痛いです。一回張り替えたら携帯代出そうです。笑

そこで今日は二つのガットの張り替え方法をお伝えします。

持ち込みで安くする

これはテニスショップの持ち込み料金にもよります。
でもトータルするとどっちみち普通にはるよりは安くできますので、おすすめではあります。

都内の同じお店で持ち込みで1800円ですかね。これでもちょっと割高な感じはしますが、アルバイトがたくさんいて、土地代も高いでしょうから仕方ないような気もします。

同じRPMブラストを張るにしても4500から1800を引いて残り2700円あります。
この2700円の部分を安くしちゃおうという作戦です。

200Mのロールの値段がこれです。

どんなラケットでも節約すれば18回張れます。めちゃめちゃ節約して長さにミスがなければですが。。。

もし、あなたが使っているラケットがストリングパターンが粗いラケットならば19回はいけると思います。

私の経験上ラケット16回分図って張ればどんなラケットでも行けます、
めちゃめちゃフェイスサイズが大きいのはわかりません。

ピュアドライブも無駄なければラケット15回分でいけました。伸びるガットだった気もしますが

まぁ細かい話を抜きにして1ロール18回張れるとしましょう。
同じRPMブラストでも一張り1023円になります。
持ち込み手数料を合わせておそよ2800円です。

2000円は言い過ぎですね。でも一回につき1500円は安くなるわけす。

ロールを一回使い切る前には27000円も変わってきます。

ラケット一本買っておつりが来ます笑

ここで持ち込みガットのリスクも一応言っておきます。

張り手が適当な人だったらどうせ客のだから長くとってもいいやと長くとる可能性があります。
もしこれが現実に起きていたなら結構腹立ちますよね??笑

実際はないでしょうけどもしあったらいやなので渡す時にできるだけ節約して張ってくださいねっていうか、自分で長さを事前に計測して切り取って持っていくかですね。
自分でやる際は気を付けてくださいね。足りなかったらほぼ一回分おじゃんですのでw

今回はRPMブラストを例に出して言いましたが、ブラスト以外にも良くて安く買えるガットたくさんありますのでそのうち、個人的におすすめで安く買えるロールについても書きたいと思います。

あと単純にですが、持ち込み手数料がお得なお店を探すのも一つの手です。

私が関西にいたころラケットショップスマッシュという店が持ち込みで1260円でやっているのを頼んではないですが、ラケットを眺めている時に目に入ってました。
これだけで都内のショップで張るよりも500円節約ですからね。
ロール一回分使い切るころには9000円ぽっけに入ってることになります。

ですので、近くに安く持ち込めるところを探すことも大事です。




自宅にガット張り機を用意する

まぁこれが長くテニスをやるなら一番安く済むのではないかと思います。

でも初期投資は高いですよ。やっぱり初心者の人は電動の方がいいと思いますから値段も高くなりますしね。
一番安い電動は20万円くらいですかね。日本メーカーのトアルソンなんで安心感はありますけど

これで都内で4500円で張っていたものが自分で張れば1023円で張れます。

このRPMブラストの例だと一回で3400円変わってきます。
つまり、58回張り替えるとそこから先毎回3400円お得になります。
それまではガット張り機のお金がかかるので初期投資分損ではないですけど実際にはお金がかかってしまいます。

58回を一年で消費すると考えると月に4-5回ガットを切る人ですね。つまり一週間でガットを切る人は1年間で元が取れます。

別に一年で換算する必要はないです。ガット張り機はちゃんと扱えばけっこう壊れないものです。

お子様がテニスをされている家庭でずっと続けていく意思があるのでなら、ガット張り機を購入するのはありだと思いますよ。
小学生、中学生、高校生とやるつもりなら58回どころじゃないです間違いなく。

これにももちろんリスクもありますよ。

ガットは自分で張らなきゃだめです。
へたくそな張り方をすれば自分に返ってきます。
あと時間も奪われます。
はじめは1時間30分くらいかかると思います。
なれれば30分で張れます。
早ければ15分から30分
最速で10分で張ることも可能です。

でもガットのことを考えれば20~30分くらいで張るくらいのきもちの方がいいですかね。
しっかり張るためにもこのくらいの時間をかけたほうがいいです。

ユーチューブとかでもガットの張り方を一から説明してくれているものもありますしね。
情報には困らないと思います。

なんなら質問していただければお答えしますよ。
一応幼稚園からテニスを始めて小学生の時から自宅にガット張り機を購入して、大学生の時にはテニスショップとテニススクールでコーチもしてましたから、
そこらへんのテニスショップの定員よりも詳しいかもしれないです。笑

 

一応これが安くて日本のガット張り機の大手トアルソンが出しているガット張り機です。

私が使っているのは少し型が古いですが

これです。これが同じ系列の最新のものですね
昔は70万円くらいしたんですけど安くなってますね。。。

ちなみに10年以上使ってますが、数回のメンテナンスで今まで使ってこれてます。
大きなショップでもない限り日本のメーカーの張り機を使ったほうがメンテナンスの部分においては部があると思います。
トアルソン・ヨネックス・ゴーセンあたりですかね。
ヨネックスはめためた高いので一般の人はちょっときついですかね。100万円前後してしまうので
ゴーセンはまだ買える値段で出してくれてますね

まぁできるだけ安くというとトアルソンの20万円くらいのものがよいのではないかと思います。

ちなみにこれがヨネックスのものです。ちょっと高いですけど、お金に余裕のある方はこれでもいいかもしれませんね。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP