ヨネックス YONEX テニスラケット

Vコア エスアイ 100 ヨネックス レビュー 感想 評価 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ラケットを友人に貸しているので今は現物がありませんが、Vコア エスアイ 100を使ってみました。

ガットはシグナムプロのポリプラズマヘキストリームを54pで張って使いました。

レビュー・評価・感想

ヨネックスのラケットは振った分ボールが飛ぶ印象のラケットだったのですが、このラケットは反発も悪くないなと思います。

ピュアドライブやアエロプロドライブ、バーンなどはラケットの性能で勝手にボールが飛びます。

それに比べるとVコア エスアイ 100はやはり自分である程度ラケットをふれる必要はありますが、飛びも今までのヨネックスよりは良いのではないかと思います。
最近使ったラケットで飛ぶ順番をつけるとしたら
①ピュアドライブ
②バーン100
③プロスタッフ95s
④Vコア エスアイ 100
⑤スピードMPAって感じですかね。

ボールの飛びも威力も自分のスイング次第でバランスもいいです。
スライスも少し硬めのフレームなので気持ちよく飛んでくれます。

プロスタッフRF97もそうなんですが、弱点がないラケットなんですよね。
ボレーもサーブも、ストロークもしやすいオールラウンドラケットという印象です。

通常フォアハンドだとバックハンドよりも回転数は多くなります。
スピンがかけやすいラケットだとフォアハンドはよくて
バックハンド(特に私はフラット気味)は少しいまいちななんですよ。

スピンラケットでバックハンドを打つとちょっとボールが失速する印象があるんですが、このブイコアエスアイだとバックもフォアも問題なく気持ちよく打てました。

早くスイングできればしっかり伸びるスピンも打てましたし、どこがいい!ってわけじゃないんですが、メイドインジャパンはやはり侮れないって思わされま笑

はっきり良いラケットです。

ただしっかりとボールを捕らえないといいボールはいかないです。

ナダルとかが打っているこういうフィニッシュが頭の後ろにくるボール

このうち方はとかナダルの筋力とラケットの反発性で可能になっているショットなんです。

普通の人が打っても浅くなってチャンスボールになることが多いと思います。

ヨネックスのラケットでこういう打ち方をすればちょっと辛いかなって思いますね。

ナダルも余裕があれば基本に忠実なフォームでボールを打ってます。
Vコア エスアイ 100はこういうスイングが染みついてしまっている人はちょっとお勧めできないですね。

ちゃんとボールを捕らえて打つ練習のためってことならいい練習になるラケットかもしれないです。
バーンとかピュアドライブはラケットの性能のおかげかせいかわかりませんが体勢が崩れて無茶なスイングでも早い球打てちゃうんです。

ブイコア エスアイで同じナダルと同じスイングならナダルより筋肉が必要になります。

Rafael Nadal of Spain strains his muscles in the heat during a practice session in the lead-up for the Australian Open, Melbourne 10 January 2008. Nadal finished the 2007 season ranked #2 behind Roger Federer of Switzerland.   AFP PHOTO/Paul CROCK (Photo credit should read PAUL CROCK/AFP/Getty Images)

Rafael Nadal of Spain strains his muscles in the heat during a practice session in the lead-up for the Australian Open, Melbourne 10 January 2008. Nadal finished the 2007 season ranked #2 behind Roger Federer of Switzerland. AFP PHOTO/Paul CROCK (Photo credit should read PAUL CROCK/AFP/Getty Images)

若い人の可能性は無限大ですので、なれないことはないですが。

おそらくっていうか確実にちゃんとしたフォームを身につけるほうが早くうまくなりますよ笑

正しいフォームを身につけた上でこのフィジカルを作り上げる努力ができたならまぁ世界ですんばらしく活躍できると思います笑

ヨネックスの打球感が好きになればそのまま使えばいいし、もっと楽に早くボールを飛ばしてリズムをつかみたいなら反発系重視のラケットに移行してもいい。
フェデラーやジョコビッチのように重そうなスピンをかけたいのならプロスタッフシリーズやスピードシリーズ

マレーのようなフラットドライブで攻めたい人はプレステージのような硬いラケットですね。

ガットの中間がナイロンのミクロスーパーなら、ラケットでいう中間がヨネックスのブイコアエスアイな気がします。




このラケットがオススメな人

小さなお子さんが正しいフォームでボールが打つための練習用のラケットに向いているのかもです。
まぁ正しいフォーム=強いではないのですが、正しいフォームの上に自身のオリジナルを身に着けるのが王道ですからね。

そういう意味では、長い目で見た時のファーストラケットにこれでもいいと思います。

あとは女性でスピンをがんがんかけないですよって人です。
本当に正直なラケットなんでコントロールもしやすいです。

スペックで判断

重さ 300g
バランス 320mm
カラー ブラック×オレンジ×ホワイト
ストリングパターン 16×19
フレーム厚 20mm~22mm

完全に黄金スペックですね。
標準的なスペックです。

小学生、中学生、高校生、大学生、大人、ご年配、男女問わないスペックです。
というか私が使っているラケットは基本的に人を選ばないです笑

フレーム厚だけピュアドライブより薄いです。
でも薄くはありません。

むしろピュアドライブよりも標準なのではないかってくらい標準的なスペックで

これも今からテニスを始める人でも使いやすいラケットのひとつですので気になった人はこちらでレビューなどを参考にしてください!




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP