ウィルソン テニスラケット

プロスタッフ クラシック 6.1 2016 25周年 実際に使ってみた レビュー 評価 感想 インプレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




私が大好きなタイプのラケットです。

最近こういう薄ラケが出ていなかったのですぐに購入してしてしまいました。笑  

スペックから判断

フェイスサイズ 95インチ
重さ 341g
バランス 305mm
ストリングパターン 18×20
フレーム厚 17mm

スペックから判断すると完全に上級者というかパワーがある人向けのラケットです。

重さはかなり重く、バランスはかなりトップライト
フレーム圧は極薄、ストリングパターンは細かいというラケットです




実際に使ってみたレビュー・評価・感想・インプレ

縦にアルパワー横にエクセル テンションは44ポンドで使用しました。
テンション低い!!って思われた方もいるでしょう。
フェイスサイズの小ささとフレーム厚ストリングパターンを考えるとこのくらいのテンションが妥当というか私のおすすめのテンションです。

まず初めに実際に341gの重さを感じませんでした。
バランスが305mmとかなりトップライトなのとフレームの薄さで振りぬきやすいのが理由だと思います。

ラケットは反発系ではなくしなりを利用してボールをとばす部類のラケットです。
そしてかなり飛ばないです。フレームは柔らかいのですが、ボールの飛びは抑えられます。

ちゃんと体勢を整えてスイングするとアウトになることはほとんどなかったです。

スライスは現存のラケットでは一番伸びるボールが打てました。

タッチも抜群にやりやすいです。ボレーもコントロールしやすいしなによりドロップショットがとてもいい感じに打てます。

ちょっと問題だなって思ったことはシングルス練習でこのラケットを使用したのですが、
相手にコートの端に打たれたときに不十分な体制で早いスイングした時にどうしても浅い球になってしまいました。
体勢を崩されたときは浅く早い球よりも深くてスピンの聞いた球を意識したほうがいいと思います。

このラケットがおすすめな人

①コントロールやタッチを生かしてコートを広く使いたい人
②ボレーを多く使う人
③ピュアドライブやバーン・ピュアアエロなどのラケットでアウトが多いという方(アウトミスを減らしたい方)

バランスがトップライトなのとラケットのしなりでボールとガットが長いこと接しているのでコントロールはとてもしやすいラケットです。
タッチもかなりしやすいのでドロップなどもしやすいです。
同じ理由からボレーにも向いているラケットです。
ですので相手を走らせるのも自分が動いてネットプレーをしたいときもすべてをバランスよくこなせると思います。

このラケットの性質上ボールは飛びにくくなると思いますのでアウトが多い方にもおすすめなラケットです。

販売店

現在このラケットは2店舗しか発売していないラケットです。
ラケットショップロブ早稲田店

テニスショップ アミュゼ

ロブとアミュゼの二店舗のみの販売です。
どちらも有名なショップですのでどちらでも大丈夫だとは思いますが、
ロブはウィルソンのラケットを一年間保障してますのでロブの方がおすすめです。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP