テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

テニスが上手くなる方法 サービスの打ち方 フェデラーを参考にします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はサービスの打ち方について

私はテニスコーチを学生の頃にしていました。私の先輩にあたる人年は50を超えている方で、実は日本ではだれでも知っているような選手を育てているような方です笑。

今回は私の持論ではなくその方の受け売りについて書いていきます。

まず最初にフェデラーのサービスの動画を載せます。

フェデラーのサービスは体重移動が独特で真似をするのが難しいと言われていますが、すべてを真似する必要はありません。

まず基本ですが、ひざがぐっと曲がってますよね?
これはプロならだれでもやっています。サーブは上半身だけではなく下半身のためも利用してうつからです。
あとは上半身のためです。フェデラーのサービスを見ていただくとわかると思いますが、ボールが一番高い打点から少し落ちてきたところで打ってます。

そしてボールが一番高いところにあるときにしっかり上半身でセットされてますよね?

フェデラーはその上半身のセットにこれでもかっていうくらい無駄がないんです。
下半身のためそして無駄のない上半身の速いセット

そしてスイングまっすぐなんですよね。

先輩曰く イメージは野球の投球ですかね。

テニスでは回転をかけようと案外無茶苦茶な振り方をしてる方が多いですが、シンプルに考えましょう。
プロネーションのような難しい技術やフォロースルーは一旦無視しましょう。

野球の投球のようなシンプルなスイングでボールへのスイングを最短距離にするのが大事なんです。
私もこれを意識したことでスイングの力がびっくりするぐらいボールに伝わり回転も速度も上がりました。

下半身のため、シンプルで無駄なく速い上半身の構え、ボールを最短距離で捕らえる。
たったこれだけを連続して行えればあなたのサーブは必ず向上します。

是非意識してみてください。







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP