テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

テニスが上手くなる方法 スピンをかける意味 正しい手順を辿ろう スピンの打ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




みなさんはスピンをかける本当の意味を分かっていますか?

実はスピンてかければいいってもんじゃないんです。

そもそも昔はスピンっていうショットすらなかったんです。

たしかエドバーグって選手だったかな。

強烈なハードヒットを打つ選手だったのですがその人がスピンショットというのを打ち始めました。
ここ30年くらいの話です。

それまでスピンショットという概念すらなかったのです。

なぜ今はみんなスピンショットを当たり前のように打っているのか?




それはシンプルです。ハードヒットしてもコートにボールが入るようにボールに回転を加えているんです。
もともと木で作られていたラケットが進化してカーボン素材になったのでボールが飛ぶようになったのがそもそもの理由かな?

つまりは技術革新によって進化したラケットではハードヒットした時にアウトになるからスピンをかけるようになったのです。

みなさんの周りにはスピンをかけれれば強いと思っている人がいらっしゃると思います。

強い人というのはプレー全体で決まるので、あまり適切な表現ではありませんが、
プロ選手を見る限り、共通していることはハードヒットしたときにどれだけスピンをかけてボールを安定してコートに収めているか?
というのは共通していると思います。

厚くボールを打つことができた上にスピンをかけるこれが正しい道のりです。

こすり上げるだけのスピンでは威力を欠いてただのチャンスボールになりかねません。

本当に基本の話になりますが、
ボールを後ろから前へしっかり飛ばす運動ができボールに威力がしっかり出てきたうえでスピンをかけてコートに収める。

これから競技レベルでテニスが上手くなりたい方やお子さんがテニスをされている親御様、テニスの基本を押さえたい方は
ボールをきっちりと捕らえられるようになった上でスピンをかけることを意識してみてください。

必ずあなたの上達の役に立つはずです。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP