テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

テニスが上手くなる方法 セカンドサービスを鍛えろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はサービスについてです。

みなさんファーストサービスの意味を知っていますか?

ちなみにですがファーストサービスは
速い(FAST)サービスではありません。
最初の(FIRST)サービスという意味です。

いきなり話がそれましたが
今回の題名のセカンドサービスを鍛えろですが、テニスにおいてセカンドサービスの精度というのはとても大事なんです。

ロジャーフェデラーもかつて自身がチャンピオンになった一番の理由はセカンドサービスにあると言っています。
それだけセカンドサービスに時間を割き練習したのでしょう。

こちらがフェデラーの普段のサービス練習の動画です。

見ていただくとわかりますが、速いサービスは打ってないんです。
回転のかかった確率重視のサービスをコースに分けて打っています。

この動画はかなりラフですが、公開練習外ではかなり念入りにやっているようです。




ここで題名に帰ります。セカンドサービスをどれだけあなたのファーストサービスに近づれるか、つまりセカンドサービスを鍛えろですが
むしろ正確なセカンドサービスをファーストサービスに使ってもいいくらいなんです。

そのくらいにセカンドサービスを鍛えましょう。速さではないです。コースの正確性です。

ファーストサービスで速いサーブが入るほうがいいとは思いますが、プロでも確率65%がいいところなんです。
あなたは1試合通して何%入ってますか?

それどころかけっこうな数をダブルフォールトで失っているんではないでしょうか?

もし、あなたがセカンドサービスに自信を持つことができたら、ファーストサービスも安心してうつことができ確率もあがるでしょう。

実際の練習方法としては、スピンサービス、スライスサービスを決めた方向に打ち続けましょう。

ベターなコースとしてはやはり右利きのバックハンド側です。
同じフォームでできるだけ同じ回転量同じ速度を意識してくださいね!




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP