全ての記事【新着順】

島津全国室内予選を見てきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当にたまたま京都出張と島津の大会がまるかぶりだったので東京から予選を見に来ました。

 

少し後輩の世代でよく名前を聞いた強者たちが勢ぞろいでした。
社会人になって10年近くプロのテニスの試合など見たこともなかったのですが、いい刺激になりました。
島津杯はかなりランクのある大会で、本戦は外国人もいっぱい来日するらしいです。

テニスで飯を食っていこうと戦っている選手はほとんどの選手が素晴らしい戦いをしていましたが、今日予選を見ていて一番この人は賢いなって選手は片山翔という選手です。

高校は柳川高校という松岡修造を輩出している名門ですね。

片山選手は身長はおそらく170cmあるかないかですが、今日は180cm近くある選手を圧倒していました。

サーブは無理をせずコースを回転で相手のリズムを崩し、ストロークもパワーでごりごりに押すのではなく、本当に丁寧に無理なショットを打たずコートに確実に収めてチャンスだけ攻めていました。

ボールはフラット気味にしっかりとらえて気持ちスピンをかけている程度のものです。相手の名前は覚えてませんが、りきんだスイングで無理やりスピンをかけていました。

スコアは6-0 6-2くらいですかね。ほかの試合も見ていたので覚えてませんが圧勝です。
私が高校生の片山選手を見たときはすべてのボールを強打していた記憶があるのでこの変化にはびっくりしました。

本当にみんなにお手本にしたいようなプレーでした。
もちろんほかの選手も私ではなかなか打てない威力のボールをコートに突き刺してましたし、よく雑誌で取り上げられている関口選手も素晴らしいかったです。

しかし、片山選手の素晴らしかったところはアンフォーストエラーの少なさですね。
ファーストセットのミスの数はおそらく3本です。相手の素晴らしいショットで落とすポイントはありますが、普通にストロークを打ってる際のミスショットはほとんどないですね。少し難しいショットはセンターに返してリズムを整えてましたし、相手よりも先にいいコースに入れて有利にラリーを展開してました。

短い動画ですが、これが片山選手の動画です。

島津の大会は28日まで続くそうなので暇がありそうならばプロの試合を見れる少ない機会ですので是非観戦に行ってください♪

会場は京都府立体育館です。

アクセスは

JR嵯峨野線 円町駅下車 北へ徒歩8分
JRバス・市バス:15・26・203・204・205「大将軍」下車 西へ200m
市バス:10は、「等持院道」下車 南へ300m
なお、駐車場は収容台数が少ないので、できるかぎり公共機関をご利用ください。
また、大会の開催等で駐車場を規制することがありますので、あらかじめご了承ください。

だそうです!

フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP