テニスショップのテニスラケットの計測は実は家でもできちゃいます。

実はテニスラケットには結構個体差があります。
メーカーページで+-7という表記がありますが、これはスペックに最大で14gの差がありますよという表記なんです。

ピュアドライブの重さは300です。
メーカーの表記のとおり行くと
293gから307gまでのピュアドライブがありますよということです。

かなり適当ですよね笑

私は学生時代国内正規のかなり大きなテニスショップでアルバイトをしていましたが、これは本当です。
7gかわるともはや別物のラケットになりかねないです。笑

ですので、あなたがラケットをこれから購入しようと考えられているのなら一つ魔法の言葉を教えようと思います。ラケットをお店・ネットで買うときに
"標準スペックかそれに近い物を用意してもらえますか?"

と聞いてみてください。

お店の人はこれを言われてしまうとラケットを計測せざる負えなくなりますので、きちんと在庫の中から標準に近いものを選んでくれます。

でもすでにラケットを購入していて自分のラケットの実際にスペックがわからない。もしくはご自身の手でスペックを測りたいという方もいらっしゃいますよね?

そういう方のためにこれからラケット計測に必要なものとやり方を書いていきたいと思います!

ラケット計測に必要なもの

①重さの計測器
②バランスの計測器

IMG_20160306_192214

重さを測るスケールですがなんでも大丈夫です。
できれば0.1gまで計測できるものですと、300.9gなど小さい数字まで見れるので良いと思います。
参考までに0.1gまで測れるスケールはこんなものです。
0.1g単位で量れる 高精度デジタルスケール

バランスを測るバランサーは私は一つのメーカーしかしりませんが、昔私が勤めていた有名テニスショップもこれを使用していたのでこれで間違いないと思います。
テニスラケット バランスポイント測定器

測り方

では測り方です。
■バランス■
IMG_20160306_192228

このようにラケットのグリップ側を青色の方に向けます。

IMG_20160306_192238

黒色の丸い部分はくるくると回りますのでこれをテニスラケットのヘッド側の方へ回します。

IMG_20160306_192311

ある程度すすめばラケットが浮きます

IMG_20160306_192325

手で押さえて何ミリの部分でラケットが浮いたか見ます。

テニスラケットのバランスの測り方は以上です。
私のピュアアエロg3だとガットポリエステル・グリップ1枚巻いた状態でだいたいバランスは328mmくらいでした。

■重さ(ウェイト)■
これは説明の必要もないと思いますが、一応笑

スケールの上にラケット置きます。
IMG_20160306_201045
私のピュアアエロは322gでした。

以上がラケットの重さとバランスを測る方法です。
参考になれば幸いです。