全ての記事【新着順】

テニスラケットの買い替え時期 お得に買える時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





嬉しいことに記事を読んでくださった方にテニスラケットの買い替え時期についての記事をリクエストしていただきましたので、今回はテニスラケットの買い替えの時期について書きたいと思います。

ですが、テニスラケットをいつ買い替えるか。

……

とても難しいです。

私はラケットを10cmほどコートから上げて落としてラケットの音で確認しております。
もう駄目なラケットだとバイーンと新品の時にはならない気持ちの悪い振動音がします。

今でもやっている方は多いと思います。

よく”もうこのラケットは芯が抜けいているな”という表現をします。

わかりやすくいとうとラケットの表面は問題ないけど中の金属が金属疲労でへたっている状況です。
“中折れしている”とおっしゃる方もおられると思います。

ラケットにベストなパフォーマンスをお求めならばこの段階で買い替えるとことをお勧めします。
しかし、私の行っているテニスサークルでは10年近く前のモデルのラケットを使い続けている方もいらっしゃいます。
当然ラケット自体は疲弊していると思いますが、その方は問題なくプレーを続けています。

ですので使える以上買い替える必要もないのかなと思います。

芯の抜けたラケットだとボールがその都度飛び方が若干変わってしまい、ラケットのしなりがなくなりスピンや反発力が落ちて、アウトやネットになるリスクも高まりますし、ボールの威力がだそうとして無理に体を使うとテニスエルボーや手首を痛めることにもつながることもあります。

ラケットも安い買い物ではないので無理に買い替える必要はありませんが、気持ちよくプレーできなかったり怪我をしてはもったいないので、駄目だと思ったときは思い切って買い替えてしまいましょう。

どのくらいでラケットはだめになるのか?

これは当然ながら使用頻度によります。

高校生で毎日テニスをしている方ならば1年もあれば中折れの状況になる場合もあります。
実際に私が高校生の時はもうこのラケットは駄目だなって思いながら使っていました。

週一回のテニススクールでしかラケットを使わない方はもっとラケットの寿命は長くなります。

テニスのガットはテンションにもよりますが、ボーリングの球で常に引っ張られている状態を保っているようなものですので、ガットを張っているだけでも劣化していきます。(中古ラケットを買うときは見た目が良くても金属疲労がひどく使い物にならないものがあるので気を付けてください。)

このことを考えると週一回のテニスの方でもベストな状況でテニスをされるならば、そのラケットがモデルチェンジするタイミングでラケットを交換するのがベストだと思います。(だいたいモデルチェンジは2年~3年に一度くらいのペースです)

一番お得に最新ラケットに買い替えれる時期とは

最新ラケットをお得に手にするタイミングですが、出たばかりで買うのはお得ではありません。

日本で人気のあるラケットを例にだすと
ピュアドライブとピュアアエロやバーンシリーズがいい例です。

ピュアドライブとピュアアエロは現在の最安値はおそらく
17580円と20280円くらいです。

海外正規品のお店は最初どちらのラケットも22000円くらいで販売しておりました。
この時は仕入れに成功した店舗の独占時だったのでとても高いのですが、ほかの海外正規品店が同じラケットを販売しだしたとたんに価格競争でラケットの相場は下落していきました。

バーン100は25000円くらいで最初販売されていましたが、今では17000円台まで値段が落ちています。

ですので海外正規品で安心のおけるショップたちが価格競争が落ち着いたあたりがラケットの一番お買い得に買い替えれるタイミングです。

さらに楽天では表示順位がとても大切らしく表示順位が上位になるまで激安で販売しているショップも見られます。
ですのでテニスラケットを買うときは上位表示されているお店だけではなくて少し、表示順位の悪いお店も見てみてください。
予想外に安く買える時もあります。







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

    • 吉田 真司
    • 2016年 3月 07日

    さっそく買い替え時期に関する記事をアップしていただきまして、ありがとうございます。
    やっぱり、落とした時の音がひとつの判断材料となるのですね。
    私のまわりにも、ずっと同じラケットを使っていてぜんぜん問題なく使えている人もいますが、それはラケットに頼らずともいいプレイのできる上手い人なのだろうと思っています。そうでない凡人の自分は、やはり適度なタイミングで買い替えた方がよさそうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP