全ての記事【新着順】

トリトン シグナムプロ テニス ガット レビュー・評価・感想・インプレ 実際に使ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




シグナムプロの新商品トリトン1.24mmを今回実際に使ってみました。

日本でシグナムプロはあまり有名でないという話は何回かしてきていると思いますが、シグナムプロはドイツに本社を構えるメーカーです。
使っているプロもあまり見ませんが、いいメーカーです。
価格が安いためなんか怪しいと思う方が多いみたいで人気がないですが、ものは他のメーカーのポリエステルと遜色ないですね。

さて、トリトンがどういったガットなのかですが、
まずポリエステルガットです。

ポリエステルガットの構造ってどんなのかご存知ですか??

これはヨネックスのポリツアープロなのですが、黄色のガットの形をよく見てみください。

丸い一本のガットが見えると思います。
ポリエステルガットとは素材がポリエステルなのはもちろんですが、基本的に一本のガットで出来上がっています。
ナイロンガットは細い繊維で束ねて作られていたり、一本の太い繊維の周りを細い繊維でコーティングしたりしています。だから、ポリエステルに比べ柔らかい打球感とテンション維持力が高いんです。

今回私が使ったトリトンはポリエステルなので一本のガットで作られています。
メーカーによってはガットを5角形にしていたり、ねじっていたりと色々あるのですが、トリトンは今までにはない構造をしています。

具体的には
IMG_20160709_205711 (1)
こういった構造をしています。

絵心がないせいでわかりにくいですね。笑
言葉で説明すると
ガットの表面につぶつぶがたくさんあるんです。
もうなんだかスピンがめちゃくちゃかかりそうな気がしますよね。
表面にガットを引っ掛けるフックみたいなものがたくさん付いているようなものです。

でも、私は少し不安に思うことがありました。
つぶつぶがあるがために飛び方が毎回変わってしまうんではないかと
日本のシグナムプロの卸の会社はIKIという会社なんで普通ありえないことだと思うんですが、電話で問い合わせてみました。
そうするとまぁ親切に教えてくれましたよ。
余計シグナムプロのファンになりました。

いろいろと説明を受けましたが、要約するとボールの飛びのばらつきはないとのこと。
なぜなら大量のつぶつぶが計算されてちゃんと均等に分配されているんだそうです。
なるほど納得のお答えをいただきました。

先日のグラフィン XT エクストリーム プロの記事でも書きましたが、

このガットはヨネックスのポリツアーに似せて造られたガットらしいです。
ポリツアーは最初にガットの構造の時に使った画像が実はポリツアーです。

ポリツアーがどんなガットなのかポリエステルの中では打球感が柔らかめでテンション維持率も悪くないガットです。

つまり、トリトンは打球感を柔らかくて、テンション維持が良いガットを意識して作られています。
実はこれはポリエステルの永遠の課題なんですよね

打球感が柔らかいものほどテンション維持率が悪い
これが今まで絶対だったんです。
錦織圭が使っている4Gこれなんかは第四世代のポリエステルって言われていて、打球感が柔らかくテンション維持率が半端なくいい!!が売りになっていますが、
スイングスピードの遅い人にとっては猛烈に硬いガットなんです。
実はポリエステルはスイングスピードが速いと柔らかく感じるようになっています。

そこについてはまた別の機会に触れたいと思います。

日本で4Gは本当に人気があるガットですが、スイングが遅い人が使えば硬すぎて手首の怪我の原因にもなるので要注意です。

柔らかいポリエステルの代表といえばLUXILON(ルキシロン)「ALUPOWER(アルパワー)オリジナルなどがメジャーです。
トップ10のほとんどの選手がLUXILON(ルキシロン)「ALUPOWER(アルパワー)を使っていることからどのくらい優秀かわかりますね。

ただし、柔らかいポリエステルはテンション維持が悪いと先ほど言わせていただきましたが、この二つもテンション維持は悪いです。プロの選手はメーカーからいくらでも無料でガットをもらえるからできるのであって普通の消費者である私たちには不向きなガットです。

話が逸れましたので本題に戻ってトリトンがどんなガットなのかレビューしたいと思います。



シグナムプロ トリトンを実際に使ったレビュー・評価・感想・インプレ

新作ガットを試すときはいつでもドキドキで楽しみなんですよね。
今回はグラフィン XT エクストリーム プロにテンション52ポンドで試してみました。

使ってみて一番最初に感じたことはホールド感がしっかりあることでした。
ガットの柔らかさはポリエステルの中ではまぁ柔らかいな。でもLUXILON(ルキシロン)「ALUPOWER(アルパワー)ほどじゃない。

多分これは先ほどの私の絵心の画像のつぶつぶの効果なんだと思います。
ボールをしっかり掴む感じがしました。
つかんだ後はスピンもぐいっとかかりましたね。

エクストリームプロは他のガットでも使用したことがあるのですが、比べると一目瞭然でした。

ガットの柔らかさは最も柔らかい部類には入りませんが、ポリエステル全体で見れば柔らかめ
ホールド感がしっかりとあってスピンもグイグイかかるトリトン

今回のシグナムプロのガットは当たるんじゃないかなと勝手に予想しています笑

ちなみに卸の人の販売文句かもしれませんが、ヨーロッパの方では人気があって日本に来るのが遅れるほどだったそうです。
このガットは皆さんにも一度試してもらいたいガットですね。

さっき調べた感じでは圧倒的に安く販売していたのではテニスショップ アミュゼさんでした。

値段はこの場で書いてもその時々で変わってしまうものなので
トリトン 最安値
こちらからご確認いただければと思います。

また、ポリエステルガットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったポリエステルガットを一覧で見れますので、ご興味がありましたら是非見てみてください。
ポリエステルガット レビュー全まとめ



フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP