全ての記事【新着順】

テニス スピン ポリエステルだとよくかかる?? 実際のところどうなの??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




各メーカーポリエステルガットの販売文句にスピンがよくかかるって言っていますよね??

トリトン
rpmブラスト
4g
デビルスピン
エッグパワー

最新のポリエステルガットには必ずスピンという文字が入ります。

だけどメーカーさんはなぜポリエステルはスピンがよくかかるか説明してくれません。
私も漠然としか今まで知らなかったのですが、ちゃんと調べました。笑

ポリエステルガットの方がナイロンガットやナチュラルガットに比べてスナップバック運動がしっかり行われるからです。

スナップバック運動ってなんやねんと
関西人の方なら突っ込んできそうです。

一番わかりやすい動画を探してみました。

こちらがスナップバック運動です。
スナップバックとはガットが通常時ある位置から、打球時にずれたものを元の通常時の位置に戻そうとする運動のことを言います。

この運動のためにポリエステルガットの方がスピンをかけることができるようになっています。

ガット全体で言えばポリエステルの方がスピンはかけやすいですが実際のところ・・・

今まででポリエステルガットの方がナイロンやナチュラルに比べてスピンがかけやすいということがわかりました。
しかし、あくまでメーカーが言っている強力なスピンがかけれますよ〜 ポリエステルの方がスピンがかかりますよ〜
っていうのはあくまでより強力なスピンショットを打つための補助の効果があるってことです。

スピンガットを使ったからといってそれだけでスピンはかかりません。
ボールを打ちたい方向にまっすぐインパクトしてそこからスピンをかける。

インパクトを厚く当てるか薄く当ててこすりあげるかでスピンの質もぐっと変わってきてしまうので
この記事を読んでくださっている方にはしっかりと厚いあたりを意識してもらってスピンをかけてもらえればと思います。

ポリエステルガットは人によって硬さが変わるって知ってました??

私はポリエステルガットのアルパワー ラフを柔らかく感じるのですが、
他の方は硬いと感じるという人もいます。

というかレビューも人によって意見が違うのもこれが関係しています。

ポリエステルガットはスイングスピードによって感じる打球感が変わります。

なので人によって硬いと感じる人もいれば柔らかいと感じる人もいるのです。

ではなぜその差が生まれるのか??

これも調べました。

ナイロンガットを打った時にナイロンガットは面全体がたわむのに対し
ポリエステルガットは一定以上のスウィングスピードで振った場合、打ったところだけ包み込むようにガットがたわむからみたいです。

なのでポリエステルで硬いなーって思うガットも思いっきりスイングすると柔らかく感じることもあるかもしれません笑
怪我がない程度にトライしてみてはどうでしょうか??




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP