全ての記事【新着順】

テニス の起源 始まり ラブ 意味 ポイントの数え方 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




テニスの始まりはjeu de paume ジュドポーム

テニスをしている方でもテニスがどの国で始まったのか知らない方多いと思います。
私はウィンブルドンがあまりに有名だったためテニスはイギリスで生まれたものだと思っていました笑

実際は現在のテニスの原型が誕生したのは8世紀ごろです。
テニスの始まりはフランス修道院の回廊で貴族が手のひらでボールの打ち合いを楽しんだことが始まりです。
14世紀のフランス国王のルイ10世もこのゲームにかなり熱心だったようでテニスの詩を残すほどだったようです。

200px-Louis_X_Le_Hutin

16世紀にはジュドポームと呼ばれ王宮王族の遊戯として定着して遊ばれていました。

現在のテニスとは関係ないですが、数人が集まりボールを打つ行為自体は紀元前のエジプトの壁画に残されていて宗教的な意味合いの強いものだったようです。

テニスのラブってどういう意味??

テニスをしている方でもラブの意味は知らないって方かなり多いと思います。

今回はラブ【LOVE】とはなんなのかについて書きたいと思います。

サーティ・ラブやフォーティー・ラブなどポイントを数えるとき必ず使われています。
数字で言えば0【ゼロ】がラブと呼ばれているのでしょうか。

これにはたくさんの説がありますが、”“説が最も有力な説です。
修道院で遊んでいる時に0をどうやって表わそうかとなった時に0が卵に似ているということでフランス後で卵の意味を持つロゥフが使われ出されたという説です。

先ほどのテニスの起源を読んでくださった方はお分かりかと思いますがテニスはフランスで生まれたスポーツです。
卵はフランス語で”œuf”発音は”ロゥフ”です。

テニスはフランスからイギリスに渡ったのですが、イギリス人はこの”ロゥフ”を発音できなかったのです。
そこで発音が似ているためにラブが使われたと言われています。




他の説

この機会に他のラブの説をご紹介します。
私的にはこちらのラブ説の方が気に入っています笑

名誉を掛ける説
今でも昔でも人間がかけ事が好きなものでブックメーカーなんては海外で大人気です。
もちろん中世ヨーロッパでも賭け事が盛んに行われていました。

当時流行っていたものにお金だけじゃなく名誉を掛けること
名誉はlof(ロフ)とオランダ後で言います。

ロフがいつの間にかラブと変化したというのがオランダ語説です。

名誉を掛けるっていうのはかっこいいですよね笑

LOVEのもともとの意味説
今では使われていませんが、ラブにはもともとNOTHINGやZEROという意味があったので0=LOVEでいいんじゃないかと使われだしたという説

ポイントの数え方

テニスのポイントの数え方は
0→15→30→40です。
ラブ→フィフィティーン→サーティ→フォーティ
この数え方ってなぜこうなったか考えた事ありますか??
これにも幾つか説があります。

もっとも有力な説は時計説です。
_318-34028

これは時計の90度の角度を利用した説で
0→15→30→40→0【終わり】

40は90度の角度を利用した説ならば、本来45【フォーティファイブ】となるはずですが、長いためにフォーティに省略されたとされています。

その他の説

課税制度説
昔のフランス貨幣制度が15でひとつの単位だったために15ずつで区切られた

修道院説
昔のフランス修道院の1つの作業が15分単位だった

いかがでしょうか??

テニスには何でこうなの??っていう不思議に思う事が多いように感じます笑
テニスの歴史を学びながら、トッププロの名誉ある試合を楽しみましょう
fbfac7bbf8a031e24d6d042d7409d3de_s




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP