全ての記事【新着順】

スマートセンサー ソニー テニス レビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はまだ使ってなかったの??

と周りから言われそうなスマートセンサー。
ソニーから発売されているものですね。

96958A9C889DE4E7E7EAE6EAE0E2E0E2E2E3E0E2E3E68A8AE3E2E2E2-DSXBZO6580586024012014000001-PN1-16

このグリップエンドのついている赤いものがスマートセンサーになります。

2014121192336AvhGu

まず、対応しているメーカーやラケットの特徴を上げていきたいと思います。

yonekkusu

YONEX社 対応ラケット確認方法:着脱式の緑色のロゴキャップ (図1) が装着されています。

uxiruson

Wilson社 対応ラケット確認方法:ラケットフレームに「Smart Tennis Sensor」のロゴ(図2) がプリントされ、赤色の専用ロゴ・キャップ(図3)が装着されています。

* BURN 26S は非対応

head

HEAD社 対応ラケット確認方法:ラケットフレームに「GRAPHENE XT」のロゴ(図4)がプリントされ、黒色のロゴ・キャップ(図5)が装着されています。
ロゴ・キャップを外した内側に小さい突起が4か所あります。

*現在ジュニアモデルには対応しておりません。

proince

Prince社 対応ラケット確認方法:脱着式の黒色のロゴ・キャップ(図6)が装着されています。

以上がスマートセンサー対応モデルになります。

残念ながらバボラは対応していないようです。

また、上記のメーカーは対応していますが、古いモデルだと対応していない場合もあります。
上の説明文をしっかり読んでご自身のラケットが対応モデルかご確認ください♪

では、実際にどんなことができるのでしょうか??

Screenshot_20160826-095112

まずはショットのレポートですね。
この8月22日はサークルで1時間30分ほどテニスをしました。
人も多かったのであまり打ててないですねー

Screenshot_20160826-095122

こちらはサーブの詳細データになります。

けっこうおっさんになってきましたが、まだサーブは速度がでるようです。




サークルで女性と打つこともありましたので、平均速度がかなり遅めです。

周りの人にもラケットを使ってもらったのもあると思います。

Screenshot_20160826-095140

こちらはフォアハンド

 

Screenshot_20160826-095156

こちらはバックハンド

Screenshot_20160826-095149

最後にスマッシュ

スマートセンサーでは

ボールの回転量
スイング速度
ボールの速度
ラケットのどこにあたっているか
などがわかるようです。

ボールの回転量はぶっちゃけどんなもんがふつうなのかわかんないですよね。

ですが、このソニーのスマートセンサーにはかなりいろいろな使い方があるように感じました。

これからしばらくいろんな人に一日スマートセンサーを使っていただいてデータをとってみたいと思います。

あとは私が持っているラケットたくさんのラケットたちも再度このスマートセンサーをつけてプレーをして

ボールの回転数やスピードに違いがあるのか。

またガットによっても違いがあるのか調べていきたいと思います。

また、私は最近テニスを始めて半年くらいの大学生にテニスコーチを頼まれているので、彼のデータを見ながらコーチングにもこのSmart Tennis Sensorがどう活用できるか考えてみます。

ちなみに今回のデータはプロスタッフ RF 97 2017年モデルでデータをとってみました。

Screenshot_20160826-102327

皆さんもご自身のテニスをSmart Tennis Sensorで数値化して分析してみてはいかがですか??




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. Its such as you learn my thoughts! You appear to grasp a lot about this,
    like you wrote the guide in it or something.
    I think that you just could do with a few p.c. to force the message home a bit, but instead of that,
    that is fantastic blog. A great read. I will certainly be back.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP