ウィルソン テニスラケット

プロスタッフ RF 97 2017 テニスラケット レビュー・評価・インプレ・感想 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はプロスタッフRF97 2017年度を使ってみました。

ガットは最近お気に入りのトリトン。
このガットおすすめです笑

テンションは51ポンドです。

スペックで判断

重さ 340g
バランス 305mm
カラー ブラック
ストリングパターン 16×19
フレーム厚 21.5mm
フェイスサイズ 97インチ

こちらがプロスタッフRF97のスペックになります。

■重さ■
とてつもなく重たいです。
今のテニスラケットの売れ筋は300gです。

■バランス■
バランスはトップライト。重たいけどバランスがグリップよりなので操作性の良いラケットのようです。

■フレーム厚■
フレーム厚は標準的ですかね。
厚くも薄くもないちょうどの良い厚さです。

■フェイスサイズ■
フェイスサイズはやや小さめ。
気持ち小さめ程度なのでこちらは特に問題がないと思います。

■ストリングパターン■
16×19は標準的です。

スペックから判断すると重さ以外は標準的で扱いやすそうなラケットといった印象です。
ですが、この重さなのでやはりパワーのある男性向きなラケットだと思います。

女性や子供パワーに自信のない男性にはおすすめできないと思います。




実際に使ってみた レビュー 感想 評価 インプレ
まぁ前作も使っていてテクノロジーも変わっていないということであらかた予想はついていました。

やはり重たいです笑
ちゅうと半端にスイングしてしまうとボールの勢いも出ませんし、しっかり飛びません。
その代わり、しっかりと体勢が整っているときは相手のボールの勢いに負けることもありませんし、とてつもないボールスピードが出ます。

ボールの威力も申し分ないですね。相手が苦しそうに返球するのを見ても明らかだったと思います。

サーブは操作性もよくボールがぶれない。

ボレーは反発系ラケットの感覚で打つとかなり短めのボールになります。
ボールを運ぶ感覚を強く持つ必要があります。飛びすぎることは滅多にないので面が浮かない限りアウトになることはないと思います。

フィーリングの良いラケットなのでドロップショットもお手の物ですね。

このラケットでプレーしやすい・向いているプレースタイル

①パワーがある人限定のラケット
向いているやプレーしやすいとは少し違ったものになりますが、やはりこれだけ重いと少し一般の人が数時間振り続けるのはしんどいと思います。
私も二時間ほど使用しましたが、後半はちょっとしんどかったです。

②サービス&ボレーには向いているラケット
振り切ることができればかなりいい感じのサーブが打てます。
威力もでるのでいいリターンは返しにくくなると思います。

ボレーも飛びすぎないくらいなので、ネットを越えれば入るといった印象です。

全モデルプロスタッフと比べて

トップの画像の赤色のラケット。これは、今回の新作のプロスタッフの旧モデルになります。
今回はカラーと手触りの変更だと聞いていたのですが、私は今作のラケットの方が飛ばないと感じました。

あれ??私だけなのかな?と思い、一緒にテニスをしていた友人に使ってみてもらいました。(友人は初めてRF97を使いました。)
意見は同じでしたね。
これは私の持っている旧RF97が金属疲労でヘたっているのが原因なのかもしれませんが、
現在旧RF97をお使いの方は、私と同じくラケットがへたっている可能性があるので考慮にいれてはじめはややテンションを落とすべきなのかもしれません。

スマートセンサーでRFを使ってみました。
Screenshot_20160829-212037

8月26日に1時間ほど使用しました。
球は全球で363ですね。
サーブは土砂降りになったせいで3球しか打てませんでした。笑

Screenshot_20160829-212044

フォームが崩れない程度に思いっきりスイングするとこのくらいの速度が出ました。(今のところマックスは195キロ)
どれも入りました。

実はまだこのラケットでしか、スマートセンサーを検証していないのでRFが速度がでやすいかはわからないです。これを基準にこれからいろいろなラケットを使う予定です。

Screenshot_20160829-212053

フォアハンドもいい具合に速度が出ています。
本当にこんなに出ているのか若干疑問ですがw

Screenshot_20160829-212102

バックハンドです。
スマートセンサーを取り入れたのは初の試みでまだこのRFで二回だけです。
私が持っている大量のラケットたちで対応している物は今後タイミングがあればスマートセンサーで計測したいと思います。

このラケットに適したガットとテンションを考えてみた。

このラケットはフレームはおそらく柔らかい部類には入ると思いますが、いかんせんちゃんとスイングしないと飛ばないです。
ですので、ポリエステルを張るのであれば柔らかいガットいいかと思います。

私の使ったことのあるガットですと

Outbreak
alupower
Triton

あたりが良いかと思います。
Tritonはテンション維持はまずまずですが、ほかの二つはお世辞にもテンション維持がいいとは言えないので長持ちさせたいのならトリトンがいいかと思います。

あとはマルチフィラメントでもいいかもですね。
柔らかいガットたちですのでこのフレームに合うかと思います。

マルチについて

こちらにマルチガットについて詳しく書いてますので気になる方はこちらからご確認ください。

テンションは正直あまり高いのはお勧めしません。
高くても52ポンドくらいではじめは確かめてほしいです。
私が次回このラケットを張るのならば48ポンドくらいにすると思います。

最安値を調べてみました。
予約はありますが、現在販売していて発送してくれるのは
ラケットショップロブ早稲田店のみでした。
私もここで購入しています。

今後販売を始めるショップを含めて最も安いものを表示するようにフィルターをかけたものをご用意させていただきました。
プロスタッフRF97の最安値ランキング

冒頭で触れたガットトリトン。これは私のかなりおすすめなガットになりますので、レビューのページもご紹介させていただきます。
トリトン レビュー

また、テニスラケットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったテニスラケットを一覧で見れますので、是非ご覧ください。
実際に使ったテニスラケットレビュー全まとめ

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます♪



フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP