プロスタッフ97 2017 テニスラケット レビュー・評価・インプレ・感想 実際に使ってみました
人気記事
  • テニスラケット  レビュー 評価 インプレ 感想 最安値  おすすめ まとめ 
    おすすめ記事
    テニスラケット レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 おすすめ まとめ 
    2016.10.13
  • テニス ガット ポリステル  レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 まとめ 
    おすすめ記事
    テニス ガット ポリステル レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 まとめ 
    2016.10.12
PR




今日はプロスタッフの2017年モデルと2014年の旧モデルを実際に使ってみました。

写真が暗くて少し見にくいかと思いますが、ガットは最近のお気に入りのトリトンです。

テンションはプロスタッフRFと同じく51ポンドです。

スペックで判断

重さ 315g
バランス 310mm
カラー ブラック×レッド
ストリングパターン 16×19
フレーム厚 21.5mm
フェイスサイズ 97インチ

こちらがプロスタッフ2017のスペックになります。

■重さ■
標準よりもやや重め。
男性なら使えるスペックかなと思います。
女性でもパワーに自信があれば扱える範囲のスペックだと思います。

■バランス■
バランスはRFよりもトップよりではありますが、まだまだトップライトで操作性のよいラケットです。

■フレーム厚■
フレーム厚はRF同様、薄くもなく厚くもない標準的な厚みです。

■フェイスサイズ■
フェイスサイズはやや小さめ。
気持ち小さめ程度なのでこちらは特に問題がないと思います。

■ストリングパターン■
16×19は標準的です。

スペックから判断するとやや重めにはなるが。一般ユーザー向けのラケットだなといった印象です。
女性のパワーでも扱える範囲のモデルですね。

重さ以外のスペックは標準的で手ごろなラケットです。

実際に使ってみた レビュー 感想 評価 インプレ

前回使ったラケットがプロスタッフRF97の影響もあると思いますが、まぁ軽く飛びます。
RF97を前回使ったのをなしにして考えても反発力は悪くないと思います。

ピュアドライブやアエロプロのような楽なラケットに比べるとやはり反発力は落ちてはしまいますが、
ラケットがよくしなってボールの回転はよくかかる印象です。
RFに比べ高い弾道で相手のコートに返すときに威力がだせるような気がしました。
もちろんフラットドライブ気味に打ってもいいボールが飛びますが。RF97の破壊力にはかなわないですかね。

ボレーもRFよりも飛んでピュアドライブよりも飛ばないかなりいい感じの反発でしたね。
本来はフットワークを使ってボールを運ぶのが一番よいのでしょうが、私のようなおじさんはサボって小手先のテクニックで対応したいので、このプロスタッフ97のボレーのフィーリングはとても気に入りました。

特に今日は試合ではなくてボレー&ストロークを主にやっていたので相手のうちやすいボールを返すときはコントロール性能としなり反発性がすごくマッチしていたのでほとんどミスなく返すことができました。

私の場合プロスタッフ97はボレーの操作性が抜群によいと感じました。

サーブは後述でスマートセンサーを取り入れたデータを上げますが、威力はプロスタッフRF97にはかなわないなという印象です。
スイングがゆっくりもある程度は出るけど、本当にぶったたく時は、RFに軍配があがりました。

サーブのコントロール性能ではプロスタッフ97のほうがよかったですね。
やっぱり軽い分扱いやすさではこちらのほうが良いかな。

このラケットでプレーしやすい・向いているプレースタイル

①オールラウンドにこなせるラケット
ストロークはややラケットのしなりを利用して打って、比較的楽なパワーでボールを飛ばせるし、ボレーは前述のとおり、反発性とコントロール性がうまいこと共存。サーブも速いスイングスピードじゃなくても威力をある程度出せるし、RFに比べ回転もかかりやすくコントロールしやすかったです。
どれをとってもしにくいと思った点はありませんでしたし、どのショットも安定したクオリティーを出せるラケットだと思いました。

②ダブルスプレーヤーに向いている。
このプロスタッフ97を使って一番感じた点ですね。ボレーがちょうどいい打球感なんです!
悪く言えば、手だけでも返せるし、フットワークを使えばいいボレーが飛ばせます。
試合形式のファーストボレーも全て相手のコートに納まりました。
【先日RFを使ったときはあまりの飛ばなさに白帯ネットもしばしばでした。】
ですので、中高年でピュアドライブやピュアアエロでは飛びすぎる!!といったユーザーにはとてもいいのではないかと思います。
もちろん高校生で団体戦向けにダブルスの練習ばかりしている方もいいのではないかと【私は高校二年からはダブルスしかやらせてもらえませんでした。。】

③スイングが遅くてもスライスが○
RFでスライスを打つときは切れのある速いスライスが打ちやすいイメージだったのですが、このラケットのスライスはスイングがゆっくりでも粘りこいスライスが打ちやすかったです。スピードはありませんが、回転量のある悪趣味なスライスです。笑
私これ大嫌いなんですが、今日は多用してしまいましたw

前モデルプロスタッフと比べて

RFと同じく旧モデルと一緒に使ってみました。トップの画像の赤いほうが旧モデルですね。
実際に使ってみて、プロスタッフ97は前モデルと大きな違いは感じなかったです。
あえて言うならラケットが下手っているから回転がかからずに旧モデルはたまにアウトになるってことですかね。
この旧モデルとの比較は旧モデルの新品を買わなければならないかもしれません。。。
さすがにそこまでのお金はないです。ごめんなさい笑

ですが、大まかにいって大きな違いは感じず、あえて言うなら今作のほうが振動が少なくマイルドな打球感を感じました。
現在旧プロスタッフ97を使っている方は全く問題なく移行できると思います。

 



 

スマートセンサーでRFを使ってみました。
Screenshot_20160830-222429

今回は1時間ほどの使用で506球とたくさん打つことができました。

Screenshot_20160830-222434

こちらがサーブですね。
なんか今日はいろんなところにあたっていて恥ずかしい笑
正直日の調子によってまちまちになってくるとは思いますが、
RFと比べると思いっきりスイングしたけど、最高速度は変わりませんでした。【入れることを考慮しないくらい思いっきりスイングしました笑】

なので、スピードと威力に関してはやはりウェイトの重いRFの勝ちですね。
初回にRFを使った時のデータが
Screenshot_20160826-095122
こちらになるのですが、マックススピードはRF
回転量はノーマルのプロスタッフのほうが数字は上になっています。
このことからもノーマルのプロスタッフ97のほうが回転量は上になるのかなと考えられます。

Screenshot_20160830-222439

こちらはフォアハンド

Screenshot_20160830-222454

こちらがバックハンドですね。

正直相手があまり上手ではないときは気を使ってゆっくり打ってしまうので最高値以外の数字はあまりあてにならないかもしれません。
次回からうまい方じゃなくてもデータのために心を鬼にして打ち込みたいと思います。。

このラケットに適したガットとテンションを考えてみた。

このラケットはRFとは別のもののガットになるので多少硬いガットでも扱いやすいと思います。
あえて言うならやはりこのラケットもやわらかいほうが特性は良く出せるかな。。。

スイングスピードに自信がある人で普段硬めのポリエステルを使っている人はそのままのガットで試してもいいと思います。

私のお勧めは

RPM Blast

Triton

ガットはいつでも張りかえれるよという方は、アルパワーラフなんかすごい合うと思います。

フレームがとてもやわらかいのでテンションも高くても問題ないと思います。
48~54の間くらいではじめは調整されてみると自分に適したテンションが見つかりやすいかと。

最安値を調べてみました。
この商品もRF97と同様に、現在すぐに発送してくれるのはラケットショップロブ早稲田店
だけですね。

いつもどおり、最安値が表示されるようにフィルターをかけたリンクをご用意させていただいたので、最安値が知りたい方はこちらからご確認ください!
プロスタッフ97 最安値ランキング

また、テニスラケットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったテニスラケットを一覧で見れますので、是非ご覧ください。
実際に使ったテニスラケットレビュー全まとめ

ここまで読んだ下さった方はありがとうございます♪

最後に私のお気に入りのガットトリトンをレビューしたページをご紹介させていただきます。
興味のある方は是非ご覧ください!
トリトンレビュー

 




人気記事
  • テニスラケット  レビュー 評価 インプレ 感想 最安値  おすすめ まとめ 
    おすすめ記事
    テニスラケット レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 おすすめ まとめ 
    2016.10.13
  • テニス ガット ポリステル  レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 まとめ 
    おすすめ記事
    テニス ガット ポリステル レビュー 評価 インプレ 感想 最安値 まとめ 
    2016.10.12
おすすめの記事