全ての記事【新着順】

綿貫陽介 ラケット ガット 戦績 人生 まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回、紹介するのは「錦織二世」との呼び声も出てきている、18歳にしてプロに転向して若きプロテニスプレイヤーとして活躍している今後が非常に期待できる新人、「綿貫陽介」選手をご紹介したいと思います。

【プロフィール】

名前 綿貫陽介(わだぬきようすけ)

生年月日 1998年4月12日(18歳)

出身地 埼玉県

身長 178cm

体重 63kg

足のサイズ 26.5

右利き(フォアハンド右片手、バックハンド両手打ち)

出身高校 大前学園 専修学校 西宮甲英高等学校

プロ転向年 2016年

 

出身高校の西宮甲英高等学校は、通信コースというものがあり、大学のシステムのように高校卒業まである程度自由に選べるので、その分テニスに打ち込まれていたのだと思います。

そこからメキメキと力をつけて、とうとう今年からプロとして活動開始。1月からプロサッカー選手として有名な本田圭佑選手のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社と契約を締結しました。

また、株式会社ダンロップスポーツマーケティングとの「バボラ」のラケット契約を始め、株式会社デサントと「ルコック スポルティフ」のウェア契約、ミズノ株式会社とシューズ契約、そして大塚製薬株式会社と「ポカリスエット」や「アミノバリュー」といった飲料・サプリメント契約と4社とのスポンサー契約の締結。

今後の活躍に期待が込められているのがわかりますね。

【主な戦績】

●2010年 全日本ジュニアU12準優勝

●2014年 MUFG準優勝

●2015年 埼玉国際ジュニア優勝

ジャパンオープンジュニア準優勝

全日本ジュニアU18準優勝

世界スーパージュニア・ダブルス優勝

●2016年 全豪オープンJrベスト8

全日本ジュニア優勝

 

【ランキング】

世界ジュニアランキング 最高位/2位(2016年3月21日付)

最 新/8位(2016年8月15日付)




 

【家族】

父親は綿貫弘次(ひろつぐ)さん、母親は綿貫千鶴さんで地元埼玉に「グローバルプロテニスアカデミー」というテニスクラブを運営されており、校長やコーチングスタッフをされているとのこと。

綿貫陽介選手は末っ子であり兄二人の現役プロテニスプレイヤー3人兄弟です。(長男:綿貫祐介選手、次男:綿貫敬介選手)

 

ちなみにですがこれだけ活躍して注目されており、ファンの方も多いことでしょう。そこで「彼女はいるのだろうか??」と思う人も少なくないと思います。笑

そこでいろいろ調べてみましたが彼女といったような恋愛事情については今の所ないようです。恐らくですが今はテニスに全力で取り組んでいるのでしょう。

実際その気になれば、すぐにできるとは思いますが・・・ただ今は彼の今後の活躍に期待したいので、これからも頑張って欲しいですね。

 

【使用ラケット】PURE DRIVE 2015

【使用ウェア】ルコック

【使用シューズ】WAVE EXCEED TOUR

また、使用しているガットは綿貫選手自身は公表してはいませんが、先日の全日本ジュニアで実際に見た感じでは、
おそらくというか高確率でRPM Blastを使用しているように思います。




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP