全ての記事【新着順】

ジョー=ウィルフリード・ツォンガ ラケット ガット 戦績 人生 まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は、ジュニア時代からフランスの期待を集めていた「テニス界のモハメド・アリ」こと「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)」選手のご紹介をしたいと思います。

 

【プロフィール】

名前 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ (Jo-Wilfried Tsonga)

生年月日 1985年4月17日(31歳)

出身地 フランス・ルマン

身長 188cm

体重 91kg

右利き(フォアハンド右片手、バックハンド両手打ち)

プロ転向年 2004年

 

200キロを軽く超えるサービス、圧倒的攻撃力のストローク、繊細なタッチからのボレーなど力だけではなく技術的にも非常にバランスの良い選手です。

全身のバネを活かしたアクロバティックプレーもあり、コート上のエンターテイナーとも称されているようです。

陽気な性格をしているそうで、勝利の後に、親指で背中を指差しつつコートを舞う通称:ツォンガ・ダンスは男子テニスの名物であり、ショーマンシップにあふれておりファンの人気は高い。

しかし、ジュニア時代から膝を中心に下半身の故障が目立っていたが、年間を通じて安定して活躍することが少なかった。
フィジカル強化によりパワフルなプレーに体がついてくるようになり大きな怪我は減ったようだ。

過去の主な怪我の内容としては椎間板ヘルニア(2004年11月〜2005年3月)や、右肩・背中・腹部などの故障(2005年後半〜2006年)があり足以外のほとんどの箇所を怪我していたということになります。

 

 

【主な戦績】

マスターズ1000優勝2回

2015年 全仏オープン:ベスト4

2014年 ATPワールドツアー・マスターズ:優勝

2013年 全仏オープン:ベスト4

2012年 ロンドンオリンピック:ダブルス銀メダル

2011年 USオープン:ベスト8

ATPワールド・ツアー・ファイナルズ:準優勝

ウィンブルドン:ベスト4

2008年 全豪オープン:準優勝

 




すべてのグランドスラムでベスト8進出を果たしてる数少ない現役選手の1人であり、グランドスラム通算でBIG4(ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレー)全員に勝利した初の選手である。

しかし、全豪オープン(2012年)4回戦でじつは日本の錦織圭と対戦していてフルセットにて敗れているのです。

今までは怪我でベストパフォーマンスをできなかったこともあるが、「僕の調子がいい日に、僕に勝つのは一仕事だと思うよ」と自身で語っているようです。

実際に怪我ありきでのこの戦績で怪我がなかったらと考えると一理あると思いますね。笑

 

【ランキング】

ATPランキング 11位(8月29日現在)

 

【家族】

父親(コンゴ共和国より移住)は元ハンドボール選手で、母親はフランス人の教師のようです。

父親がハンドボールをしていたのにツォンガ選手はジュニア時代からテニスというのが面白いですね!

 

また、体格も良くさわやかで顔もハンサムなツォンガ選手に彼女はいるのでしょうか!?

・・・実はすでに一般人のようですが指輪をプレゼントするくらいの女性がいるようで、あと少しもすれば結婚報告という可能性があるかもしれません。

まだまだ目を離せない選手であることには変わりないので、ファンのためにも、結婚予定(?)の女性のためにもこれからも活躍して欲しいですね!!

 

【使用ラケット】
Pure Aero

【使用ウェア】
adidas

【使用シューズ】
バリケード 2016 ブースト

【使用ガット】
VS Team
ALU Power Rough1.25




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP