全ての記事【新着順】

新型ピュアストライク100とピュアドライブ2015の比較 レビュー 評価 インプレ【2017年モデル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで私は10年ほどピュアドライブシリーズを使い続けてきました。簡単にスピードが出て、スピンがかかり、コートにも収まるという魔法のようなラケットだったからです。その間様々なラケットを試しはしましたがどれも変更するには至らずピュアドライブを使い続けてきました。しかし今回試験的に新型のピュアストライク100を使用した結果非常に感触が良かったのでその違いやメリット、デメリットなどを書いていきます。



まずピュアストライク100とピュアドライブですがフェイスサイズ重さなどは同じであるため変更を考えている方が多いかと思われます。

しかし前回モデルのときも同じことを考え試しはしましたがあまりにフレームが硬くしならないため扱いが難しくすぐにもとに戻しました。同じ流れでピュアドライブに戻した人も多いかと思います。

今回の2017年モデルはその問題点が改善しています。後継モデルなのかと疑うぐらい柔らかくそれでいてすごく気持ちよくボールが飛んでいきます。おそらく前回のモデルが不人気であったことの原因を考え大幅な変更に至ったのだと考えられます。

また今回の比較で感じたピュアドライブとの一番の違いはやはり打球感です。ピュアドライブはいい意味でも悪い意味でもどこに当たっても同じような打球感でラケットがアシストしてくれますが、ピュアストライクは少しシャープな感触でオフセンターがわかりやすくパワーが抑えめなかわりにコントロールしやすいラケットです。リターンやボレーなどでもラケットがしなり持っている感覚があるのでピタッという感じでコントロールできます。

ピュアドライブからの変更での問題点をあえて挙げるとするなら非常にボールを飛ばしやすく追い込まれたショットでも返球が容易であるため難しく感じるかもしれないところでしょうか。

あと注意点としては元から巻かれているリプレイスメントグリップがスキンフィールという通常のものより薄いグリップになっています。そのためピュアドライブより同じグリップサイズでも細く感じるかもしれません。

img_6067

 

まとめ

1.ピュアドライブからピュアストライクにかえるべきユーザー

この新型ピュアストライクの一番いいところは振れば振るほどスピンがかかりボールの威力が出るにもかかわらず強く叩いたときのすっ飛んでいくのではないかという恐さがなく安心して自分から打っていくことができます。そのため今までピュアドライブを使用していてラリーの中でアウトが多かった人、打球感がアバウトすぎるところが気になっていた人などは試してみる価値はあるでしょう。また、このテーマからは少しズレますが、ピュアコントロールのカッチリした感触よりもしなりを求めている方、今までとは違った感触を求めている方にも使用していただきたいです。

 

2.ピュアストライクに合うガット

私が最初に選んだガットはAKプロでした。このガットは非常にフレームと合っていてピュアストライクを購入する人にはたいへんオススメですが思っていたほど飛ばないわけではないのでアルパワーやプロハリケーンツアー、ポリプラズマなど柔らかいポリを合わせてみてもいいかもしれません。

また個人的な勘ですがアルパワー×ナチュラルのハイブリッドがすごく合うのではないかと思います。

 

これから長く使用してわかってきたことや、合うガットを検証していきたいと思います。ご期待ください。

普段、ラケットのレビューはフェデ太郎さんが担当しています。
こちらのピュアストライクもフェデ太郎さんが私よりも長文でレビューしていますのでさらに詳しく知りたい方はこちらからご確認ください。
フェデ太郎のピュアストライク100レビューページはこちら




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP