全ての記事【新着順】

ポリプラズマ シグナムプロ テニス ガット レビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




本当は新作ガットであるトアルソンのポリアスタを先にレビュー使用と思ったのですが、特徴が伝えづらいガットだったため、
明日、テニスをするときにじっくり使ってガットの感触をじっくりと確かめてみたいと思います。

ということで、今回はもう何回も使って知り尽くしているシグナムプロのポリプラズマについてレビューしたいと思います。

まずシグナムプロこのメーカーはドイツの会社になります。

ゲージの展開は1.18mm 1.23mm 1.28mm
カラーは派手なオレンジ
構造はモノです。
このガットも長いこと販売されているロングセラーガットです。

では、早速レビューに入りたいと思います。

ポリプラズマ 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

このガット、10年前のレビューなどを見てみましたが、やわらかいという表記がされていました。
私の感想ではやわらかくはないかな笑
反発力は普段128mmを使っているところ、今回は123mmをチョイスしたため、普通のポリエステルに比べ良かったと思います。
普段はもっと硬く感じていたはずなんですが、ガットの太さでかなり印象が変わりました。

反発力も123mmなら良い。
打球感はシャープですね。食いつきはどちらかといえばなく弾くイメージが強いです。
スピン性能はそこそこといったところ。他のポリエステルの方がかかります。近い打球感のポリエステルを例に出すとするとRPMブラストになるかと思います。スピン性能はブラストの方が上だと思います。打球感はシャープで、反発力も悪くないけども、そこまで反発系!!といえるほどの反発力でもないですね。笑
いろんな意味でポリエステル系ストリングの中でも中間くらいの位置にあるガットだと思います。

ゆっくりスイングでもボールは軽い力で飛びますが、ボールがふわふわしている感じになりました。
ゆっくりなスイングでもボールをしっかり厚くインパクトするイメージをもってスイングすれば伸びのあるボールが打てます。
しっかり当てれるとゆっくりなスイングでもオーケーです。

スイングの速度を上げるとかなり威力のあるボールが打てます。123mmの場合は反発力も良いのでなおさらですね。
ただし、そこまでスピン性能がよいとは感じなかったです。
同時に使ったメビウスはポリプラズマに比べるとスピンもかかりやすかったのもありますが、、おそらくフラットベースの選手にむいているガットです。そもそも打球感がシャープで雑身がないのでフラット主体の選手に向いているように感じます。

それとこのガットテンション維持性に優れているので有名です。
私は角切れを起こすことはなかったですが、メーカーの友人いわく昔はラケットのフレーム付近で切れることが多かったらしく、このガット一時期はとても不評だったんですが、改良を重ね角切れにも強くなったようです。

123mmだとやや反発力が強いので、ハードヒッターでフラット主体のプレーをされる方は128mmの方がいいかもしれません。
私の場合、1.23mmは少し反発力が強すぎるなと思ったので。

では、このガットがピュアドライブにあっているかレビューしたいと思います。




ピュアドライブ2015年にポリプラズマを使ったレビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

このガットはポリエステルの中で、とても中間的な位置づけになるとお話させていただきましたが、128mmに関してはやや打球感が硬めのガットになります。良くあるテンション維持がいいけど少し硬いっていうガットです。

123mmは少し反発が強い印象を受けましたが、128mmの打球感の硬さと反発力ならピュアドライブに合うと思います。

ボールが飛びすぎずハードヒットすれば良い威力が出ます。
シャープな打球感でボールスピードも出やすいですし、ピュアドライブとのマッチングもいいです。
同じ理由でRPMブラストはピュアドライブに最も選ばれているストリングです。
やや、スピン性能がポリプラズマより優れているのも理由のひとつですね。
ですが、フラットベースのプレーを考えている方にはポリプラズマに軍配があがるのではないかと思います。
究極にスピンをかけたいなら今のところ、トリトンがピュアドライブにベストですかね。やや、ボールスピードを失う節はありますが。

とにかく、ピュアドライブにポリプラズマは選択肢としてGOODですね。
特にフラットベースの方には良いギアだと思います。

まとめ
①シャープな打球感のポリエステルストリング。
最近使ったガットでこんなにシャープのものはあったかなと思わせるストリングです。いい意味で雑身のないストリングで幅の広い層に指示を得れる打球感だと思います。

②スピン性能を求めすぎない。
このガットの近い打球感をあげるとRPMブラストだと書かせていただきましたが、スピン性能を求めるならブラストの方が良いアンサーだと思います。逆にフラットベースで繊細なテニスをしたい方はこちらだと思います。
この両者、ポリエステルでとてもバランスの良いガットだと思いますのでどちらかを使っていただければ好みの打球感がわかるかもしれません。

③テンション維持性能に優れたハイコストパフォーマンスガット。
このガットテンション維持は抜群に良いです。私も高校生のときはよくお世話になっていました。
それでいて価格も実際に販売されている値段はとても安い。私が使っていたときよりも今の方が格段に安いところが悔しいですが。笑

とにかく現在の値段でこのパフォーマンスで欠点があまりないガットですので、打球感等が気に入れば、長期的に使ってテニスにかかるコストを下げるのに利用してほしいガットです。

では、いつもどおり単張りとロールの最安値が常に表示されるフィルターをご用意させていただいたので、気になる方はご確認ください。

ポリプラズマ 単張り最安値一覧

ポリプラズマ ロール最安値一覧

次回こそは新作ガットアスタポリのレビューをしたいと思いますので、期待しておまちください♪

また、ポリエステルガットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったポリエステルガットを一覧で見れますので、ご興味がありましたら是非見てみてください。
ポリエステルガット レビュー全まとめ

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます!




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP