全ての記事【新着順】

ヨネックス テクノロジー どんなテニスラケット??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




意外と知らないラケットのテクノロジーについてまとめてみたいと思います。

今回はヨネックスについてですね。

独特なラケットのフレーム形状はアイソメトリック形状によるもの!?

スクリーンショット 2016-07-28 16.25.30

スクリーンショット 2016-07-28 16.31.04

ヨネックスのラケットには全てこのアイソメトリックテクノロジーが使われています。
10、20年変わらないテクノロジーでヨネックスの代名詞的テクノロジーです。

他のメーカーの円形のラケットに比べ7パーセントもスイートスポットを拡大できるようです。
その理由は縦と横のガットの長さを均等にすることで可能になっています。

スピン性能を向上させる新構造【特許出願中】

その名もBTハイブリッド ストリンギングシステム

スクリーンショット 2016-07-28 16.37.28

こちらは
グロメットの穴の形に拘り、ガットの可動域を広げた構造です。
メーカーは、

噛みつくようなホールド感が高いスピン性能を生む。

と言っています。
ガットの可動域が広くなるとそうなるのか??

答えはガットが動くことでスピンがよくかかるようになります。

こちらの動画でスピンがかかる瞬間をスローモーションで見ることができます。




空気抵抗を減らし、スウィングスピードを加速するテクノロジー【特許出願中】

ニューエアロフィンテクノロジー

スクリーンショット 2016-07-28 17.10.55

スクリーンショット 2016-07-28 17.11.13

長岡科学研究所との共同研究で生まれた技術。
インパクト時のラケットの角度に注目し、空気抵抗の大きいフレーム肩部外側とトップ内側を隆起させることで、空気がスムースに流れるようになっています。
空気抵抗最大16%減
スウィングスピードは+2.9%UP
スピン性能と弾道の高さ
ボールスピードが大きく向上するテクノロジーです。

長岡科学研究所とは??

長岡技術科学大学【国立大学】に付属した研究所です。
ヨネックス発祥の地新潟県にある大学です。

スクリーンショット 2016-07-28 17.23.05

SVフレーム

スクリーンショット 2016-07-28 17.24.09

柔軟で粘り強い新素材「ナノメトリック XT」をフレームの肩部に搭載し、ボールとの接触時間が4%向上。さらに、フレーム袖部にエアロ形状を採用し素早い返りで反発性能が2%UP。フレーム全体でボールを捉えることで、スピンと加速を与える設計です。

前後・左右・高さを自在に制する、独自の形状「3Dベクターシャフト」

シャフト部分の内側に溝を作り、ねじれを抑える構造。威力と面の安定性、スピン性能を向上させる構造です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-20-27

ボールを潰して弾く新構造「LOCK BOOSTER」

グロメット部分の密着度を高め、ボールを効果的に潰しパワーを生み出します。

結果、競技者の求めるバウンド後に相手を苦しめる重いスピードボールを打ちやすくする。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-24-00

 

反発性と柔軟性の両立、新素材「タフGファイバー

カーボンの約3倍の柔軟性を持っているグラスファイバーにカーボンナノチューブを配合した新素材。強靭なしなりが、重く伸びのあるショットを実現しやすくします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-27-14

以上がヨネックスの現行発売されているラケットの主なテクノロジーです。

私はヨネックスのシリーズを高校生の時3年間使い続けていました。

現行のラケットと比較してもヨネックスのラケットはバランスが良いです。

特にしっかりとボールをインパクトできた時の打球感は一貫して素晴らしいメーカーです。今年の全米オープンを優勝したワウリンカ選手も使っているメーカー皆さんも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

当ホームページでも、私が数種類のヨネックスのラケットをレビューさせていただいています。

ヨネックス テニスラケットレビュー
ヨネックスのラケットレビューが気になる方はこちらからご確認ください。

また、ヘッドの最新ラケットに採用されている素材グラフィンについても別ページで調べたものをあげていますので、
合わせてご紹介させてください。
ヘッドの新素材 グラフィンとは??

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP