全ての記事【新着順】

競技用ラケットの選び方 ピュアドライブからプレステージまで 特性 比較 評価 バボラ ヘッド ヨネックス プリンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




競技用ラケットと一口に言ってもピュアドライブからプレステージまでたくさんの種類があり特性を理解していないとどれを購入すればよいか絞ることができません。今回は私が一度でも打ったことのある現行ラケットを3つのタイプにわけるとともに、後半でグラフにしてみますので少しでもみなさんのラケット選びの足しになれば幸いです。

①黄金スペック
まずピュアドライブをはじめとする黄金スペックと言われるラケットです。このラケット群が競技用の中では1番飛びのいいラケット達であると考えられます。

img_5988

バボラ       ピュアドライブ ピュアアエロ
ヘッド       エクストリーム
ヨネックス VCORE SV100
ウイルソン ウルトラ100
プリンス    ハリアー100
などのラケットがパッと思いつく範囲でしょうか。この中でもピュアドライブは特に飛びが良く柔らかいですし、エクストリームあたりは少し硬い印象があります。

 

②万能タイプ
次にフェイスサイズが98インチ辺りや100インチであるもののフレームが薄いといった競技用でも真ん中のラケットです。

img_6099 img_6100

バボラ       ピュアストライク ピュアコントロール ピュアアエロVS
ヘッド       グラフィンタッチスピード グラフィンインスティント ラジカル

ヨネックス VCOREデュアルG100 レグナ98 VCORESV98 EZONE DR98
ウイルソン バーン95 プロスタッフ97
プリンス    ツアーグラファイト100XR ツアープロ100XR
ラジカルに代表される98辺りのフェイスサイズのラケットですが昔からピュアコントロール、300G、マッスルパワーなど名器が多かったように記憶しています。正直この辺りのラケットですが①か③のタイプのラケットからの移行で特に決めているものがないのであればもはや打球感やデザインの好みで選ぶのがいいかと考えています。理由は飛ぶ、飛ばない、硬い、柔らかいなどの特徴がすごくあるラケットは少なくクセのないものが多いからです。
もうひとつのタイプである100インチでフレームの薄いラケットですがジョコビッチ使用のスピードがヒットして以来ピュアストライクやVCOREデュアルG100など似たようなスペックのラケットが増えてきたように感じます。このタイプのラケットは面が100でありながらフレームが薄いためしなり安心して叩けるラケットです。

 


③ハードスペック
最後に競技用の中で1番ハードスペックなタイプのラケットです。

img_6101

バボラ       該当なし
ヘッド       プレステージ

ヨネックス VCOREツアーF93
ウイルソン バーンFST ブレード

プリンス    ファントム
バボラは以前ピュアストームリミテッドというラケットを発売していましたが現在それにあたるラケットはなく該当なしとしました。私の感覚ではこのタイプのラケットの中でもプレステージは特に飛ばず、ボールを潰す能力が必要であると感じました。また新しく発売されたファントムはスピードのハードバージョンという感じのラケットでシャフトが16.5mmでありスイングスピードが必要です。

 

ここまで3タイプのラケットを見てきましたが私の今まで打ったことにあるラケットをグラフにしてみます。よくひとつのメーカーでグラフにしているのを見ますが複数のメーカーが混じっているものをあまり見ないので作ってみました。私の主観ですので参考程度にご覧ください。

img_6112

青がバボラ

赤がヘッド

橙がヨネックス

水色がウイルソン

緑がプリンス

です。

個人的にはバボラはコンセプトがはっきりしている印象があり、ヨネックスは幅広い層に向けたものを出している印象、ウイルソン、プリンスは少し硬めな印象があります。

ラケット変更の際にラケットの飛びやスピンのかけやすさに不満があるわけではなく、打ちごたえが欲しい、その逆のもっと負担を減らしたいなどであればこの縦の関係で変更を検討されてみてはいかがでしょうか。

それとは逆に打球感を変えずもっと飛ぶラケットが欲しい人は横に見ていけばいいラケットが見つかるかもしれません。

 

COME ON TENNISには公式ツイッターアカウントがありそこでアンケートやラケットや大会の情報を更新しています。今現在はみなさんの使用ラケットのアンケート調査を実施しており1番上に固定して表示されるようになっています。是非回答&フォローよろしくお願いします!

COME ON TENNIS ツイッターアカウント




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP