全ての記事【新着順】

ガエル・モンフィス ラケット ガット 戦績 人生 まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は、テニス界随一と言われる身体能力の高さ、そしてそれを活かしてコートの大部分をカバーし反撃につなげることから「スライダーマン」の異名を持つ「ガエル・モンフィス」選手をご紹介します。

 

【プロフィール】

名前 ガエル・セバスチャン・モンフィス(Gaël Sébastien Monfils)

生年月日 1986年9月1日(30歳)

出身地 フランス・パリ

身長 193cm

体重 80kg

右利き(フォアハンド右片手、バックハンド両手打ち)

プロ転向年 2004年

 

プレースタイルは守備力に目が行きがちなとにかく走ると印象が強いですが、ベースライン付近からでもエースを狙える攻撃力も兼ね揃えています。また、繊細で技巧派なプレーも少なくありません。

その抜群の身体能力を活かして縦横無尽にコートを走り回り、戦績を上げてきたモンフィス選手ですがその激しいスライドフットワークが原因で両膝を故障することも多く、

長期間の試合から遠ざかったりすることも多い為、活躍と故障を繰り返している。

故障などがなく万全の状態であれば「4強」にも入れる可能性がある選手なだけになんとも惜しいですね・・・

実際に、Underachiever(アンダーアチーバー:予想よりも実際の成績が思わしくない選手のこと)の代表格と言われることもあり、まだまだ戦績がついてきていないイメージのようです。

 

 




【主な戦績】

2016年 全豪オープン ベスト8

全米オープン ベスト4

2014年 全米オープン ベスト8

2011年 全仏オープン ベスト8

2010年 USオープン ベスト8

2008年 全仏オープン ベスト4

 

 

ジュニア時代

2004年 全豪オープン 優勝

全仏オープン 優勝

ウィンブルドン 優勝

 

【ランキング】

過去最高ランキング シングルス7位、ダブルス155位

世界ランキング(ATP) 12位(2016年8月29日時点)

 

【家族】

父親はグアドループ島出身で会社員、母親はマルティニーク島出身の看護婦である。

モンフィス選手はテニス以外にも関心があり特にバスケットボールに関しては「テニス選手にならなかったら、バスケットボールをしていただろう」と過去に語っている。

また過去に13・14歳以下の100m競争のフランスチャンピオンになった経歴もあるそうです!

 

 

身体的な才能で言えばモンフィス選手に対抗できるような選手はまずいないと思われます。

しかし、これだけ恵まれた才能がありながらなぜ戦績がついてこないのでしょうか?

故障も原因の一つではありますが、もう一つの大きな要因としてはメンタル面の弱さにあると思います。

少し負けそうになったり一度調子を崩すと途端にやる気をなくしてしまい、無気力にプレイすることも少なくありません。むしろ多いようにも感じます。

 

試合中にどこか関係のないところを見ていたりしていて、どこか心あらずのような仕草もありますね。

大事なポイントやラリーが長くなるとどうやら集中力が切れてしまうのかここぞというときに弱い印象があり、

最近では、2016年マイアミ・オープンでは我らが錦織圭選手との対戦がありましたが、5回もマッチポイントがありながら逆転負けという結果に終わりました。

メンタルの弱い選手については大体に当てはまることですが、こういうタイプは逆に乗ってしまえば手がつけられなくなることも多いで、

なんとかメンタルをコントロールする術を模索していただいて、もっと飛躍してほしいと思います。

 

 

【使用ラケット】Blade 98 (18×20)

【使用ガット】ALU Power 1.25




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP