テニスラケットの選び方 ラケットの特徴に合ったプレーをするという考え方。
PR




今回は、テニスラケットの選び方について私の考えを書きたいと思います。

いくつか選び方に考えがあるのですが、今回はラケットの特徴にあったプレーをするという考え方です。

例えば、最近使ったラケットを例にだすと、
グラフィンタッチスピードです。
このラケット特徴的なのがスピンがかかりやすいというところです。
飛びが抑えられているラケットなので、私がフラットドライブでボールをしばくとネットすれすれを通ることが多くなります。
実際このショット威力は申し分なく、相手は返すのに苦労するでしょうが、確立的にいうと体勢が不十分だとこちらがミスすることの方が多くなります。それにこのラケットの特徴を活かすためにはネットの1メートル以上上を通して、スピン性能でコートに落とすほうが威力も安定感もでます。

ネットのできるだけ上を通したほうが入る確立は高くなりますし、このラケットの特徴に合っていると思います。
相手に左右に振り回されても、ネットの高いところを通すスイングをしていれば、ネットの低いところを通すスイングよりも入る可能性は高くなりますよね??
さらにそっちの方がラケットの特性にあっているならそうしたほうがいいということになります。

なので私がこのラケットを使ってプレーするときは、普段使いのピュアドライブ2015を使うときよりもややネットの上を通すつもりでプレーしています。

他の例でウルトラ100を使うとき。
ウルトラはバランスよいラケットで、ネットの一メートル上を通すショットでもネットの低いところを通すショットでもどちらでも安定してかえすことがスピードに比べて容易です。ですが、ボールに威力を出すといった点では、スピードやピュアドライブに比べ、パンチ力がやや落ちます。
なので、私がウルトラを使うときは、ワンショットキルを狙うのではなく、チャンスでネットにつめたり、相手をコートの外に追い出して、ドロップなど
他のラケットでももちろんすることなのですが、こういったショットを駆使してポイントをよりとりに行こうとするでしょう。

さらにピュアストライク100を例に出すならば、どちらかといえば、フラットドライブでネット上50センチくらいを通すショットに向いているラケットです。つまり、より速く、攻撃的なテニスがしやすいということです。こういうラケットの場合は、スピードのようにやや下がって、スピンショットを打つのではなく、できるだけコートの中に入って相手にショットを打つ余裕を作らせずに、速い展開でプレーを心がけるようにします。

もちろん人によって状況はさまざまですし、私のレビューとは違った感想を持たれる方もいらっしゃると思います。

肝心なのはあなたが持っているラケットはあなたにとってどういった特性に感じるラケットなのかということです。
その特性を再認識して、ラケットの特性を使ったプレーをすれば、あなたのプレーはぐんと向上するかもしれません。




また、今まで書いてきた内容と同じことですが、あなたが最終的に目指したいプレーにあっているラケットの選び方という考え方があります。
もちろんこれにもあなたのスイングスピードや実力によって左右されるところがあると思います。
小学生、中学生、高校生、大学生など若い世代の方には是非チャレンジしていただきたい考え方です。

お子様のラケットを選ぶときなどは子供にどういったプレーを将来してみたいかを聞いてみるといいですね。
それに合うラケットというのが絶対にありますので。

例えば、厚いあたりでものすごいスピンをかけて相手を翻弄するプレーをこころがけたいのであれば、私は、迷わずにグラフィンタッチスピードを推薦します。必要なスイングスピードを満たせば、このラケットはこの要望にこたえてくれます。

ボールの威力で圧倒したいという方には、ヨネックスのシャープな打球感のモデルがいいですかね。私の予想では、SV98シリーズはこういったラケットになると思います。プレステージやプロスタッフRFはものすごい威力のでるラケットですが、なかなか使いこなせるものではないと思いますので、別ラケットを紹介します。今まで使ってきたモデルならば、ブレード98 18×20 ピュアストライク100 グラフィンタッチスピードも使いこなせれば、スピンの威力で同じような効果が期待できると思います。あとヨネックスのDR98を使ったときも芯でボールを打ったときとても威力のあるボールを打てました。

最後に私自身のラケット選びですが、私自身実はブレードやプロスタッフのようなしなるラケットの方が打球感自体は好きです。
スイートスポットでボールを捉えた感覚も気持ちいい。しかし、私ももう年なので試合でそれを続けることができないのが現実です。
特にシングルスでは3セットマッチになるとラケットのスイングスピードが落ちて好きなラケットたちでは勝てなくなりました。
趣味のテニスですが、試合ではできる限り負けは避けたいと思いますよね??
そこで私が選んだギアはピュアドライブ2015になりました。選んだ理由は軽く振るだけでボールが飛んでくれるところです。
試合が長時間になっても、始めからペース配分を考えてスイングしても最後までパフォーマンスをできるだけ落とさずにプレーできるところに惹かれました。もちろん、飛びすぎるので、私の好きなラケットたちとは違い、体勢が悪いときに打つショットはアウトにならないように気をつけています。ですが、これも慣れの問題で使い慣れてくれば大して問題ではなく、振られたときも軽い力で返せるので、現在では問題ではないですかね。

かなりわかりにくい文章になってしまいましたが、私の伝えたい内容は伝わりましたでしょうか。
ラケットの特徴に合ったプレースタイルをする。
自分がなりたいプレースタイルにあったラケットを選ぶ。
いっていることはほとんどかわりませんね。笑

私はたくさんのラケットを使用してレビューしていますので、このページを読んでくださった方のラケットの選びの多少なりとも参考になれると思います。
各ラケットページで特徴をできるだけ詳細にレビューさせていただいております。
また、ラケットの数も多くなってきましたので一覧ページも設けさせていただきました。
テニスラケット レビュー まとめ 
気になる方はこちらからご確認ください。

いかがでしたでしょうか。
テニスラケットの選び方 ラケットに合ったプレーをするという考え方。
少しでも参考になれば嬉しく思います。
最後になりましたがここまで読んでくださった方ありがとうございます。




おすすめの記事