全ての記事【新着順】

テニスの上手くなり方 フォアハンド バックハンド サーブ ボレー 上達方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスの上達方法について私なりの考えを書いていきたいと思います。

プロのショット打ち方やボレーやノウハウばかりが、大事な基本を見落としがちになりそうな現代テニスですが、
テニスを上手くなる最もシンプルで近道なのはラケットを後ろから前へインパクトするスイングを作り上げることです。

なんだそんなことか。。。

確かにそんなことなんですが笑

しかし、テニスコーチをしている時代にはジュニアの子達にこれを口をすっぱくするほど言ってきました。
テクニカルなショット。スライスやスピン、ドロップ、ロブ。
どれもテニスの試合では大事なショットですし、試合に勝つ上で必要なショットですが、
基本を極限までに極めた選手にはなかなか勝てないものです。

私自身、小さなころからテニスをして高校の監督にはぼこぼこにされましたし、小学生のテニスコーチにもなんども殴られながら教えられたことは王道をいけ。逃げに走るな。小手先の技術でプレーするな。

今、考えるととても大事な言葉を頂いていたと思います。
殴られる必要はなかったのですが、昔はそれが当たり前のような時代でした。現代の小学生や中学生、高校生は恵まれていますよ。笑

私が大学生のころにテニスコーチをした時は、殴られたのが嫌だったので、絶対になぐりませんでしたね笑
私自身基礎がための教育をされていたので、子供たちにもフットワークやボールをしっかりとした打点で捕らえることに重点を置いたコーチングをしました。スピンはかけさせずにフラットかフラットドライブしか打たせませんでした。




教えれれている子供たちはナダルなどにあこがれていた世代と思いますので、かなり反感を受けていたかもしれません。
しかし、ナダルやフェデラーもしっかりとインパクトができて安定したショットを打てるようになったからスピンボールでも同じ安定したショットが打てるんだよと頑張って説明していましたね。笑

この私が言っている、ラケットを後ろから前へインパクトするスイングを作り上げるというのは面白い練習ではなく、地味な練習になりますが、
このショットを体にしみこませればそこからいろいろな応用につながっていきます。

最初はできるだけ回転をかけずに、フラット気味に速いスイングではなくてゆっくりネットの上1メートル付近を通す練習です。
これが安定して10球、20球、100球と続くようになるまでひたすら練習します。

自信をもってこれならミスらずに続けられるというところまで反復練習します。
適切な打点やスイングを身につけたら、そこからは個人の自由といっていいです。
しっかりとフラットでボールを捕らえられるようになったのならば、重いスピンボールだってスライスだって打てます。
全てはフラットでしっかりボールを捕らえれるようになって初めてできることですから。
もちろん聞かれれば一番適しているものを答えなければなりませんが、フォームも基本から外れていなければ指導する必要はありません。それがあなたもしくはその子のテニスの個性ですから。

練習中にばかばか打って10球に2球ミスするようなスイングでは、試合では緊張でがちがちになってしまうでしょうが、
一回のラリーを100回ミスせずに続けられるショットをもっていたらどうでしょうか??

かなり落ち着いてプレーできるようになっていると思います。

いかがでしたでしょうか??
テニスが上手くなるための一番シンプルで近道である方法について私の考えを書かせていただきました。
テクニックではなくて基本。行き当たりばったりのテニスではなくてぶれない根っこのあるテニスをしてみませんか??

この基本はテニスにおいてもっとも大切なことだと思います。
参考になれば幸いです。

次回からの練習方法についての記事は
ショット個別のテクニック【技術】やメンタル面、練習方法などについて私の経験からの知識について書きたいと思います。
ご期待ください。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP