全ての記事【新着順】

テニス ダブルス 上達の仕方 試合で勝つテクニック ストレートは捨てる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はダブルスの試合で勝つための一つの考え方について書きたいと思います。
それはストレートをすてるという考え方です。

ちょっと言い過ぎました。笑

ストレートは抜かれても仕方ないという考え方です。
ダブルスコートのアレーショットなどはもう仕方ない。
これでいいと思います。

決められても相手が良いショットを打ったと考えたらいいです。

それよりも大事なのがセンター付近を通るショットです。
この甘いボールをポーチしたほうがストレートを抜かれる点数よりもポーチで決められるポイントの方が多くなると思います。

というよりもポーチで決まる決まらないは別にしても相手のプレーヤーに与えるプレッシャーが違います。
もし、プレッシャーをしっかりと与えることができたならば、相手のストローカーないしボレーやーはネットやサイドアウトをする可能性も出てきます。

これを踏まえてうえで、ワンセットで3ポイントくらいストレートを抜けれてもトータルでこちらが得るポイントは多くなると思います。

もちろん、大事なポイントではポーチフェイントで相手にプレッシャーを与え、ストレートケアでもいいと思います。
その時の判断ですればよいと思います。

一ゲームに1回はポーチはでた方がいいですかね。
とにかく、プレッシャーを相手にかける。これを意識してほしいと思います。

また、ストレートは捨てる。
と大げさに書いてしまいましたが、ストレートを抜かれるのにもいくつも理由があると思います。
例えば、
①センター方向に動いたのを察知された。
②振り遅れてストレートに飛んできた。
③ワイドに相手を振ったためにストレートしか相手が打てなかった
④見方のサービスの威力が弱くてチャンスでたたかれた
⑤単に相手の技術が優れていて抜かれる。

他にも何個も考えられると思います。
フォアサイドならフォアが苦手な方の場合、必然的に振り遅れてストレートにくる頻度は高まりますし、
バックサイドでバックが苦手な方はストレートかセンター付近にボールが集まることが多くなると思います。

いろいろなケースが考えられます。

ダブルスでは、ストレートを抜かれるよりも、ポーチで決められるチャンスが来ることの方が多いと思いますし。
ポーチが決まらなくても相手にプレッシャーをかけることができます。
なので、ポーチやポーチフェイントはできるだけ多くやるほうがいいと思います。

その上で、ストレートを抜かれるのにもいろいろな種類がありますので、ケースバイケースで試合中に対策を考えて取り入れていただければ、
より試合で勝つ確率が上がると思います。

最後になりましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます。
少しでも参考になれば幸いです♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP