全ての記事【新着順】

テニス 上手くなる方法 アウトとネット どっちのミスの方が悪い??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスのミスについて書いていきたいと思います。

テニスのミスショットは二種類しかないですよね??
ネットに引っかかってミスをするかコートに収まらずにアウトするか二種類だけになると思います。

どっちのミスも同じ一ポイントの失点ですが、個人的にはアウトミスをしてほしいです。
というのもミスの仕方をすっきりしてほしいのです。

練習中にミスショットを一度数えてみてほしいです。
ネットミス半分。アウト半分。これでは、ネットのミスとアウトのミスどちらにも気をつけないといけなくなります。
私はそれだけでも少し疲れてしまいそうです。笑

ですので、個人的にミスするならばアウトをするミスのしかたをしてほしいです。笑

アウトのミスだけに限定するならば治すのも簡単だと思います。
アウトする理由をいくつか考えてみます。
①インパクトするときに面が浮いている。
②スイングのパワーに対してスピンがかかっていない
③ラケットやガットの反発力が高すぎる。

いずれもできるだけ毎回同じスイング、同じスイングスピードと仮定しての話になります。
かなりシンプルになったのではないでしょうか。
③はとんでもなくあっていない限り技術でなんとかなります。
①はテニスの初歩的な課題です。
②がもっとも重要になると思います。
ミスがアウトのみになるようにスイングを作ってしまえば、そこからはコートに収めるためにスイングスピードを上げてスピンをかけるだけになります。
当然ネットの高いところを通すイメージのスイングができていると思います。
そこから厚いインパクトでスピンをかけるようにする。
そうするとアウトの数も減ってコートに入るようになると思います。

最初はおそらくアウトが気になって仕方ないと思います。
試合になるとロブばかり打っていて上級者にはほとんど勝てない選手みたことはないですか??
確かに初心者同士の試合であればミスをするリスクが少ない分勝てる可能性は高くなりますが、上級者には通用しません。

テニスはコートの中にボールを収めるスポーツで、その調節をするのは回転によっておこなうのが現代テニスです。
アウトが気になってもその練習方法をやめたくなるかもしれませんが、我慢して続けてほしいと思います。

すぐに成果はでないかもしれませんが、地道な練習がテニスを上手くなる近道です。

この考え方は正しい練習方法の一つで、私が小さいころから教わってきたものです。
是非、みなさんにも一度チャレンジしていただければと思います。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP