全ての記事【新着順】

速報!2016年ワールドスーパージュニア 優勝は綿貫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




1477200689264

今年のワールドスーパージュニアの優勝者が綿貫選手に決まりました。
私今日は仕事の後始末のために参戦できなかったのですが、友人が写真を送ってくれました!

スコアは綿貫選手から
2-6 6-3 6-2
のフルセットの末の勝利です。

このグレードAの大会のシードを守り、ジュニア大会を優勝するあたり、綿貫選手やはり本物の逸材ですね。
次世代の圭選手になれる原石に一番近い存在です。

私の予想では7対3くらいでケクマノビッチ選手が優勢だったのですが、どういう試合展開だったのでしょう。笑

おそらくはファーストセットではケクマノビッチの安定感の前に綿貫のアンフォースエラーが多かったのでしょう。
綿貫選手のショットが決まりだしたら、手がつけられないのですが、セカンドセット移行は綿貫選手の持ち味がでたに違いありません。

とにかく素晴らしい選手です。日本男性では杉田選手が実に10年前に優勝したのが最後ですので久しぶりのタイトルです。
訂正。
SIX ONE様からご指摘いただきました。
最後の日本人の優勝者は2010年の内山靖崇選手です。
コメントありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします!

綿貫選手はもうジュニアの試合は終えてプロの下部ツアーで活躍してほしいですね。

伸びしろはワールドスーパージュニアのベスト8に入った選手では一番感じた綿貫選手。
今後の活躍を期待しましょう♪

また、綿貫選手についてまとめたページと対戦相手ケクマノビッチ選手についてまとめたページいずれもご用意させていただきますので、
気になる方はこちらからご確認ください!

綿貫選手について
ケクマノビッチ選手について








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

    • six.one
    • 2016年 10月 25日

    現地で観戦してきましたが、本当に素晴らしい試合でした。
    2ndセット以降、綿貫選手のサーブと、クロスのショットの精度が上がり、徐々に相手を追い込んでいった印象です。
    振られてもしっかり追いつき、厳しいボールも諦めずに拾っていたのも良かった。
    2ndセット第7ゲーム?のブレイクポイントのパスは必見です。
    優勝スピーチの内容も見事でした(笑)

    余談ですが、日本男子で最後に優勝したのは内山靖崇選手ではないかと思います。

    最近の日本のジュニアは他にも有望な選手が大勢いるので期待が高まりますね。

      • フェデ太郎
      • 2016年 10月 25日

      現地での観戦とてもうらやましいです笑
      やはり、綿貫選手の魅力はサービスとクロスですね。

      個人的にはケクマノビッチがやや有利だと思っていましたので、綿貫選手が勝ってよかったです!
      そのポイント是非見たいですね。。。
      誰かがユーチューブにあげてくれるのを期待して待っています。

      本当ですね。すぐに修正させていただきます。ご丁寧にありがとうございます♪

      本玉選手もかなり強いですし、堀江選手、清水選手も注目ですね。
      あと少し若すぎる世代ですが、小柴遼太郎選手にも期待を寄せています。笑

      コメントありがとうございます♪また、こちらの間違いがありましたら、コメントいただけると幸いです♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP