全ての記事【新着順】

綿貫陽介のワールドスーパージュニアの試合を見て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は2016年ワールドスーパージュニアの綿貫選手のプレーを実際に見て感じたことを書きたいと思います。

綿貫選手はけっこう特殊な経歴を持っています。
実は、ジュニアランキング世界2位になっても日本の試合で全国優勝を持っていなかったのです。
フューチャーズですら優勝経験を持つレベルのテニスで日本をとったことがないのは普通にありえないです。笑

綿貫選手が異例の出世を遂げたのは16歳くらいに訪れた成長期にあります。
それまでは身長が小さく、現在のようなビックサーバーではなくストローカーでした。

確か160cm台だったと思います。現在は180cm超えのかなり長身になっています。
それまではパワーテニスというよりも長いストローク中心のテニスをしていました。
フォアハンドのセンスは現在も変わりませんが、やはり体が大きくなったことでサービス力の強化
ストロークの威力、打点が高くなったことが綿貫選手の躍進の重要なファクターになっているのは間違いないと思います。

身長が伸びた今年はラストチャンスをものにして悲願の日本一の座を手にしました。
最後のチャンスでかなりプレッシャーもあったでしょう。
しかし、それをとりきったことで更なる自信と気持ちよくプロの世界に入れたと思います。

かなり急激な成長期でテニスのバランスを崩す可能性も十二分にありましたが、さすがの綿貫選手ですね。
周りのサポートもあってかなり順調に実力をつけていきました。

では、私の考える綿貫選手の最大の武器2つについて書きたいと思います。

皆さんご存知
サービスですね。
生で観戦してよくわかりました。高いトスから放たれるサービスはとても強烈です。
これが入りだしたら相手はかなり苦しい展開になると思います。
セカンドサービスのスピンサービスはとても高く跳ね上がり相手選手もなかなかいいリターンを返しずらそうでした。

サービスで注目してほしいのが、デュースサイドからワイドですね。ここにファーストが入るとチャンスボールまたは、ノータッチになる可能性がかなり高かったです。

次にこれは綿貫選手ならでは武器になりますが、フォアハンドのアングル気味のスピンショットです。
走りながらでも、とても速いスイングでボールにスピンをかけてクロスのアングルにボールを入れます。
コートをとても広く使ったプレーが綿貫選手の最大の強みですね。
それを支えているのは、鞭のようにしなるフォアハンド。
このショットはジョコビッチを彷彿させるショットです。
ジョコビッチ選手もフォアハンドのクロスを強烈なスピンでアングルショットに入れるという武器があります。

サービスとフォアハンドのアングル。この二点は綿貫選手が現在持っている他者とを分ける武器になっています。
皆さんに綿貫選手を見るときに注目してほしいところです。

まとめ

綿貫選手をワールドスーパージュニアで生で見た結果、日本人だから。応援したいから。といったことを一切抜きにして
最も伸びしろのある選手だと思いました。
まずは、急激に伸びた身長ですね。ここ一二年の話なので、今の身長にあったプレーをまだ模索している段階だろうこと。
あとは体が細すぎます。笑
あの細さであのスピードが出せるのであれば鍛えればもっと出せると思います。
ボールスピードはこのままでいいと思いますが、下半身を鍛えてさらなる安定感をだしてほしいところです。
もう一つは単純にスケールが大きいテニスをしています。
ミスはちょいちょいやっていて、流れが悪いと連発してしまうことがありますが、それはまだ18歳ですから、いくらでも鍛えることができます。それよりもボールの一発の威力や、ほかの選手にできない思い切ったショット、強烈なスピンをかけたアングルショット、
コートを広く使えるタッチセンス。
体の細さやメンタル面ではまだトッププロのレベルではないと思いますが、素材的にはトップ10に十分に入ることができる逸材であると思います。

また、綿貫選手の試合中の態度が横柄だという方もいらっしゃいますが、私が見た限りそこまでひどくなかったですね。
年齢がまだ18歳なのも考慮するとぜんぜん大人。お恥ずかしい話私が18のころ、テニスレベルは綿貫選手には到底及びませんが、審判の怪しいジャッジにもっと反論していました。笑
レジェンドロジャーフェデラーも若い時分はかなりメンタル面に問題のある選手でした。そこから今はテニス界の誰からも尊敬されるような選手になりました。一部、世間から悪い評判のある綿貫選手ですが。今後は、世界を見据えて現在のフェデラーと錦織のようなスター性を感じられるような振る舞いをしてほしいですね。十二分にフェデラーや錦織と同じステージに立つ原石を持った選手です。

皆さんも今後の綿貫選手のプロ活動に注目してみてください♪








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP