全ての記事【新着順】

テニス サービスが上手くいかない理由 握り方 トスアップ つま先の向き方編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はサービスが上手くなりたいと思っている方向けの記事になります。

あまり、ノウハウ系は好きではなのですが、基本的なサービスのフォームというのがあります。
私の持論がほとんどになってしまいますが、基本から外れない程度に書いていきたいと思います。

何回かの記事に分けて書いていきたいと思います。

①トスの上げ方
トスが乱れてあげなおす人って多いと思います。
最近知ったことなんですが、軟式テニスではトスの上げなおしができません。
つまりトスアップのミスもポイントに直結してしまうということです。

ですのでできるだけ安定したトスアップができる方法について
私のイメージでは腕をひとつのものとして考える方法です。
棒といったらわかりやすいかもしれませんね。

私の経験からトスアップが上手くいかない人の特徴として
肘や手首を使ってトスを上げているパターンです。

疲れてくるとこれではなかなか正確なトスアップは厳しくなってきます。
肘や手首を使ったほうが確かに使う力は減るように感じますが、安定的なトスを上げるといった意味では肩を視点に腕を一本の棒と思ってトスをしてみてください。

②ボールの握り方

これは初心者の方に多い事例
ボールを鷲づかみしているパターンです。
この鷲づかみの持ち方だとトスを上げるときに指にボールが引っかかることがあるのでトスが安定しないことがあります。
ボールの持ち方の基本は親指を除く4本の指に載せることですね。
私はコーチングするときによりわかりやすくするためにコップをしたから持つイメージの持ち方で教えています。
鷲づかみさえしなければ問題ないので、やりやすい方法を探してみてください。




③左足の向きに注目
特にデュースサイドに多く見られることですが、右利きの方は左足、左利きの方は右足が前に来ると思うのですが、その足の向きです。
左利きの場合はアドバンテージサイドですね。
このときの足の向きが左に向きすぎているということが多々あります。
スピンサーブでは問題はあまりないのですが、フラット気味にサーブを飛ばすことを考えているのであれば、つま先の方向は打ちたい方向にできるだけ向かうほうがいいです。前方にパワーを伝えやすくするためですね。
つま先が外側に向きすぎているとつま先が打ちたい方向に向いている場合よりも、余計にパワーが必要になります。
打つ打球もパワーロスをしてしまいますし、力が入りすぎるとボールに伸びがなくなり悪いことだらけです。
サービスを打つときは打ちたい方向にできるだけつま先をむけることを意識してください。

いかがでしたでしょうか。
今回はサービスの基礎の基礎について触れてみました。
基礎編が終われば、プロネーションや細かなテクニックについても今後書いていきたいと思います。

ご期待ください。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP