全ての記事【新着順】

テニス ボレー フォアとバック 簡単なイメージ方法 上達の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスのボレーについて私のコーチング時代に使っていたテクニックをお伝えしたいと思います。

ボレーって初めての方には難易度の高いショットになると思います。
ストロークに比べ繊細なタッチが必要ですし、面がぶれるとミスショットをしやすいショットだからです。

私がコーチをしていたときに具体例とだしていたのは、バタフライマシーンです
バタフライマシーンとはなんだという方はトップ画像に上げている筋トレのマシンのことです。
具体的にどういった動きをするかというと
baterfly-machine-female-e1430398334981
こういった運動をして大胸筋を鍛えます。
これがテニスのボレーでも応用できます。

私も高校生になって特に得意ではなかったボレーですが、団体戦のダブルス起用が決まってからはボレーができないと話になりません。
どちらかといえばストローカーだったのですが、私の時代はサービス&ボレーが王道の時代でしたので、ボレーは必須だったのです。




毎日お昼休みに部員が集まって筋トレするような部活で、この発想はトレーニング中に思いつきました笑

あれ、この動きってボレーっぽい。と思って意識して取り組んでいたらいつのまにかボレーの方が得意になっていました。
フォアボレーをするときはバタフライマシーンを閉じるときの動き、バックボレーをするときは逆に開くイメージの運動です。
後はボールにできるだけまっすぐラケットを合わせてあげるだけです。

ここでポイントなのは、バタフライマシンが動く範囲の中でボールを捉えることです。

捕らえるところが前すぎると力が伝わりませんし、近すぎると力負けしてしまいます。
人によって打ちやすい位置は若干かわりますが、バタフライマシンの動く範囲で肩を開きながらインパクトする。

このイメージを作ったら私の場合ボレーでミスをすることが激減しました。

この時気をつけてほしいことは肘を伸ばさないことです。
インパクトをした後はお好きなようにしていただければいいと思いますが、肘が伸びた状態でインパクトすると相手のボールしだいで力負けをする可能性も出てきますので、あくまでバタフライマシンの動きに沿ったうち方を初めしてほしいと思います。

この練習方法は私以外言っている人を聞いたことがありませんでしたが、教え子たちにも好評で、
みんなボレーが上手になっていったのを覚えています。

もし、皆さんの中でボレーに悩んでいる方がいらっしゃったらこのバタフライマシーンを使ったイメージトレーニングにチャレンジしてみはいかがでしょうか。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP