全ての記事【新着順】

フェデラーという伝説の影で戦い続けている男スタンワウリンカのタトゥーから学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は今年の全米オープンで優勝した。
スタンワウリンカの生き方をご紹介したいと思います。

今年の全米オープン。
最悪のノーシードの一人デルボトロ選手との対戦が決まった夜にジェンガで遊んでいる動画をアップして話題を呼んだワウリンカ選手。
またワウリンカフィンガーというのも今年の全米オープンで話題になりました。

この選手ジュニア時代から有望な選手でした。
全仏ジュニアでも優勝した経験があり、フェデラーというレジェンドがいない国ならば一躍ヒーローになっていたでしょう。

試合の成績はかなりアップダウンが激しく、去年のグランドスラムの成績も全仏オープンでの優勝という華やかなものもあるが、出場した試合で一回戦負けを決したことも複数回合ったと思います。

気持ちにムラがある選手ですね。
しかし、緊迫した試合になるほど力を発揮できる試合です。

今年の全米オープンでのデルボトロとの早い段階での試合は彼のギアを加速させたと思います。

また、数年前にタトゥーをいれた言葉は日本語訳すると
1477542399790
挑戦し続けよ
失敗し続けよ
結果は関係ない
また挑戦せよ
失敗せよ
より上手く失敗せよ

とてもグランドスラムをとった人間の考えることとは思えません。

しかし、こういった考えが緊張感の高まるグランドスラムの準決勝、決勝といった試合で自分の実力を発揮する結果につながっているのかもしれません。

グランドスラムの大舞台であっても失敗を恐れていないのですから。

私は日本の県で強い高校に通っていただけで、予選負けを怖がってアグレッシブな攻撃よりも手堅い小さな枠に収まった試合をしていました。

ワウリンカ選手の失敗してもかまわない次失敗するときはもっと上手く失敗しろという考え方は
勇気の要る考え方ですが、この考え方ができれば、テニスだけでなくほかの道を選択したときでも
成功につながる考え方だと思います。

未来のある高校生、大学生、新社会人の方に是非ワウリンカの生き方を参考にしていただければと思います。

最後になりましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP