全ての記事【新着順】

テニス 試合の勝つ動き 基礎を終えた方向け 上達法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスの試合で勝つための動きについて書きたいと思います。

皆さんテニスを始めたての時は、横の動きを徹底的に教えられると思います。
これは間違っていません。
テニスは左右前後に振られるスポーツでラリーを続けるためには横の動きが欠かせないです。

しかし、テニスを始めてしばらくたち動きに慣れてくれば縦の動きを積極的に取り入れて欲しいです。

よく、前に入って打てと私が若いころは指導を受けておりました。
現代のテニスではオープンスタンスで相手のボールを待ってから打つ打法が流行っていますよね。
これもスピードが上がっている現代ですので、それに合わせて進化したものですので正しいですが、
試合に勝つためにはたたけるボールがあれば、前に入ってライジングら高い打点でボールをしばく必要があります。
相手との距離も近くなって相手の時間も奪えますし、前に動く運動でボールによりパワーが伝えられます。




この前に入るプレーを頻繁に使っているトップレベルのプロといえば、錦織圭選手になります。

やはり、体がほかの外国人プロに比べて体が小さいですから全体的に不利になりますよね。
体力
ボールの速さ
打点の高さ。
錦織選手の弱点というわけではありませんが、ほかの選手に比べ体型では劣っています。

そこで攻めるチャンスを逃すわけにいかないのと積極的に自ら攻める必要があります。
なのであれだけ細かいステップを踏んでコートの中に入ってボールを打っています。

テニスの横の動くを守りの動き
テニスの縦の動きは、攻めの動き。つまりは試合に勝つために動く。

こう言えると思います。

また、前の動きをするためのコツがあります。
それはいいボールを自分が打ったポジショニングをしっかりと考えることです。
例えばベースラインの後ろ側からフォアハンドのストレートがいい感じに飛んだとしましょう。
相手が右利きでバックでスライスの構えをした段階で今のポジショニングから一歩前に入っておく。
自分がいいボールを打った。次は前に入って打てそうなボールが返ってくるだろうと思えば、先に少し前に出ておくのです。
コートの一歩中までとは言いません。
半歩だけでも中に入れば十分です。

実際に言われたとおりに前に入ったのに、相手が深いボールが返球されてきた。
当然そういうこともあるでしょうが、深い返球の確率と浅い返球が来る確率では浅い返球がくる確率のほうが高いです。
もし、深い返球が来たとしても、半歩、一歩くらいコートの中にいたぐらいでは十二分に後ろに入ってボールを打つことができるので問題ないですね。
深いボールが返ってくるリスクはありますが、一試合通してみれば、前に入らずチャンスを逃しているほうが多くなるのは私の経験上間違いありません。

いかがでしたでしょうか。
私個人の意見にはなりますが、テニスの基礎として叩き込まれる横の動きはどちらかというと守りの動き。
縦の動きは攻めの動き。
試合の中できっちりと前の動きができたならば、創造以上に効果があることがわかっていただけると思います。
ぜひ、試合で挑戦してみてください。




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP