全ての記事【新着順】

本玉真唯 テニス ラケット ガット プレースタイル まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は先日見学に行ったワールドスーパージュニアの本玉選手について書きたいと思います。

本玉選手はこのワールドスーパージュニア覇者の選手です。
今年は決勝で第一シードのA・Potapova(ロシア)に2-6, 4-6のストレートで敗れて残念ながら連覇にはならなかったです。

今大会の勝ち上がりは
1回戦でYou・Mi Zhuoma(中国)、2回戦でChen・Pei Hsuan(台湾)、3回戦で第15シードのS・Lansere(ロシア)、準々決勝で第9シードのWang・Xin Yu(中国)、準決勝で第5シードの宮本愛弓(日本)を倒して決勝まで勝ち進みました。

私が実際に見た試合は準々決勝のWang・Xin Yu選手との試合でした。
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
試合は最終セットまでもつれ込み最後はタイブレークという見ごたえのある試合でした。

Wang・Xin Yuはピュアドライブを使って一般男性顔負けのハードヒットとスピンショットを打つパワーテニスをしていました。

一方本玉選手は基本にとても忠実で素晴らしいフットワーク。コントロール重視の安定したプレースタイルです。
基本的にボレーにはほとんどでずにストロークで勝負する選手です。

試合はWang・Xin Yuが前半から押していました。
ファーストセットWang・Xin Yu
セカンドセット本玉
ファイナルセット本玉

こういう試合の流れでしたが、基本的にファイナルセットタイブレークが始まるまで本玉選手は忍耐強く耐えるテニスに徹していました。
Wang・Xin Yu選手の強打はとても強烈でパワーでは勝てないですからね。
正確なコントロールと安定したボールでサービスゲームをなんとかとっている感じでした。

圧巻だったのが、ファイナルセット。タイブレーク。
ここまでガンガン打っていたWang・Xin Yu選手ですが、やはりタイブレークでミスを気にしたのかスピン量が増えてボールが浮き気味になっていたところを本玉選手。正確無比なショットでコースを付き相手をどんどん苦しい展開に持っていき最後はエースか相手にミスをさせていました。

相手が強打してきてもきっちりコートの深いところにムーンボールを打って相手に攻めさせていなかったのも見事でした。

普段から相当に練習をつんでいるであろうストロークはいきなり一発を狙いにいくショットではないですが、コースをしっかりとつき
相手を揺さぶっていました。

タイブレークでも一貫して代わることのない正確なプレーは正直試合を見ていてこれぞ日本のテニスだ!!といいたくなるほど気持ちがよかったですね笑




今後世界を舞台に戦っていくときは、相手のパワーボールにどうやって対抗していくかがキーになってくると思います。
Wang・Xin Yuもかなりハードヒッターで苦しい展開でも一発のハードヒットで展開を逆転させていました。
プロの世界では大阪なおみ選手や、セリーナ姉妹。ほかにもとてつもないパワーショットを打つ選手がたくさんいますからね。
対格差をカバーするためにフットワークの強化。速い展開での攻め。チャンスで攻めるための守備的なショットも磨いていくべきなのかなと思います。
本玉選手には伊達選手やマルチナヒンギスのような美しく強いプレーを今後極めていって欲しいです。

ここで本玉選手のプロフィールですが
1999年8月30日生まれ【2016年現在17歳】
身長は164センチ

現在使っているラケットはおそらくVcore sv100にポリツアーファイアを使用していると思います。
赤いラケットと赤いガット。メーカーはヨネックス契約ですので、間違いないと思いますが、あくまで予想になります。

一応、本玉選手が使っているラケットとガットの最安値のリンクをご用意しておきますので、興味がある方はご確認ください。

Vコア エスブイ100最安値一覧
ポリツアーファイア 単張り最安値一覧
ポリツアーファイア ロール最安値一覧

男子も女子も若手が多く活躍していて今後がとても楽しみですね。
次回の選手記事ははジュニアの期待の男子二人について書きたいと思います。
ご期待ください。
最後にここまで読んでくださった方ありがとうございました♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP