全ての記事【新着順】

テニス バックハンド スライス 意味 効果 上手くなる方法 上達テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はスライスの意味や効果について書いていきたいと思います。

一般的に言われていることかもしれませんが、私なりにスライスの意味や効果をまとめていきます。

①守りのスライス
テニスをしている時に、相手に左右に振られた時はどうしても苦しい展開になります。
そうした時に、私がよく使うのが守りのスライスです。

クロスの深い方に打って時間を作るスライスです。
できればベースラインの深いところにゆっくりとした球で打つのがいいですね。

まずこの守りのスライスの利点は、相手からの左右の揺さぶりで苦しくなったポジショニングをリセットすることができます。
ゆっくりとベースライン際に行くスライスを打てば本来のポジショニングのセンターに戻ることがきます。

あとスライスはバウンドが低いので強打を防ぎやすいです。
高く跳ねたボールよりも低いボールの方が強打できません。




②攻めのスライス

次は攻めのスライスです。
私が攻めのスライスを使うときは三種類ほどあります。
基本的に余裕がある時にしか使いません。

一つはショートクロス気味の浅く速いスライスです。
攻めのスライスではこれを多用します。

このショートクロスのスライスの利点まずは、角度によって相手をコートの中に誘い込むことができること。
スライスで弾道が低いためにハードヒットがしにくいこと。
相手はスライスかトップスピンを効かせたショットで返してきます。
これは初球はほとんどがクロスに返してきます。
繰り返すとストレートにパッシングを食らう可能性もありますが、市の大会などでこれを使えば大体がクロスに返ってきますので
山勘ではありませんがセンターまで戻らずに十分な準備が整った状態で次のショットが打つことできる利点もあります。

先ほど相手からのパッシングを食らうと書きましたが、スライスで角度をつけ相手をコートの中に誘い出してバックハンドのストレートをきっちり打ち分けることができたなら、相当な武器になります。
バックのストレートがうまい選手の代表格といえば錦織圭選手ですかね。
錦織選手も相手がスライス、スピン問わず浅いボールがきた時に素晴らしいストレートのダウンザラインを量産しています。

ショートクロスのスライスが安定してできるようになれば次はストレートのスライスを覚えて欲しいです。
相手にこいつのショートクロスのスライスはやばいと思われるようになったら、スライスの構えをした段階で相手の頭の中にはショートクロスがよぎり準備の体制になります。
ここでそこまで攻撃的でもなくてもストレートのスライスを使うことができたならばもっと幅の広いプレーができます。

また、私だけかもしれませんが、フォアハンドで外に逃げていくスライスはとても打ちにくいです。
きっちり決まった外に逃げるスライスをクロスに返すのは厳しくセンター気味、もしくはストレート方向に返球されることがかなり多くなり、意識はクロスに向ける必要はありますが、基本的にセンターからストレートを見ておけば問題ありません。
相手のフォアハンドの実力によっては修正が必要です。




最後はドロップショット。
スライスじゃないですが、回転は一緒ですので攻めのスライスとして扱わせていただきました。
理由はスライスと全く同じ動作で始められることですね。
ショートクロス、ストレートのスライスを使い分けれるなら是非習得していただきたいショットです。
同じ形からこの三種類のスライスを使い分けることがきちんとできるようになればぐっとシングルスの勝利に近づくことができると思います。

いかがでしたでしょうか。
スライスを使う意味 効果
①守りのスライス【崩れたポジショニングやリズムを戻すためのスライス】
②攻めのスライス【相手のポジショニングを崩し、コートの内側に誘い込み、または両端に追い込む攻めのスライス】

私はバックハンドは両手で基本的に打っていますが苦しい時は片手で守りのスライス。
攻めの時も片手のスライスを積極的に混ぜています。私の場合、スライスを多用しているのは両手のバックハンドよりも使う体力の消耗が少ないということが大きいです。笑
スライスは麺を合わせて運ぶだけのショットなので他のストロークのように強打を必要とするショットではありません。
なので体力温存という意味でもとても魅力的なショットです。

試合の中で流れが悪い時にスパイスとして使うこともできますので、ぜひスライスは取り入れて欲しいですね。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP