全ての記事【新着順】

テニス ドロップボレーの打ち方 コツ 上達方法 上手くなり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はドロップボレーのやり方について個人的な考えと基本に沿って書いていきたいと思います。

まず、ドロップボレーですが他のボレーとは根本的に打ち方が違います。
他のボレーは相手のショットに対して面をブレさせてはいけません。
ドロップボレーも面をブレさせるというというのは語弊がありますかね。

意図的に相手のショットに負けるというのが正しいかもしれません。
相手のショットをタッチして威力を殺して短いボールを打つのがドロップボレーです。

このドロップボレーの利点はやはり相手を動かせることと、うまく決まればそれだけでポイントに直結するところですね。
繊細なタッチが必要なので、状況によってはやらない方がいい場合もありますし、適切に使う場面があります。




ドロップボレーを打たない方がいい場面

①相手の返球がネットの高いところを通る時
この時は基本的にドロップボレーをしない方がいいです。
目安としてはネット上ラケット一本分より高くなる打球あたりからになると思います。
単純にネットの高いところでボールを捉えるとバウンドも大きくなりやすいのが原因です。
バウンドが大きいと相手も取り行く時間がそれだけできてしまいます。
原則ネットの高いところを通るボレーはノーマルのボレーで叩くようにする方がいいと思います。
プレーの幅を広げるという意味でごくたまにネットの高いところでのドロップボレーも引き出しの一つとして持っておくのはいいかもしれません。

②ポジションがやや後ろにいるとき。
やや後ろと言われてもどこかわかりませんよね。
個人的にはサービスライン付近でのドロップボレーはリスキーなドロップボレーになると思います。
これもネットから離れた位置でボレーすることでネットを越える時間が増え、相手がボールを追いかける時間ができてしまいます。
単純にサービスライン付近のドロップボレーは技術的に難しいです。
ドロップボレーをするときはネットにしっかり詰めてから行うと決まる確率も安定性も増します。

③普通にボレーして決められる返球の時。
これが結構重要なポイントです。
普通にチャンスボールで叩けば終わりというポイントではあまりドロップボレーを多用するのは個人的にはお勧めできません。
ドロップボレーは結構クセ になりやすいというか。一旦味をしめればそればかり使う人がいます。
基本がしっかりしていてノーマルのボレーを深くにコントロールできる自信がある方はたくさん使えばいいと思いますが、やはりドロップボレーは小さな引き出しの一つであった方がいいと思います。
原則は普通にボレーしてここぞという時は積極的に使って欲しいショットです。

ドロップボレーが効果を発揮するところ
①ネットの近くで低いボールを取る時
多くの場合これはポーチで打つことが多いです。
本当は気持ちよくポーチを打ちたい場面でも相手が上手くてネット際にボールをコントロールされた時に私は反射的にドロップボレーを使います。
ネットに近いので滞空時間が短く相手が拾いに行く時間が短いのでとても効果的なボレーです。

②原則普通に返すがストレートケアの時
相手がコートの後ろからストレートアタックを仕掛けてきた時に基本的に深いボールを打って欲しいが予想外の展開の時に反応が遅れる時があります。
相手が踏み込んできた時は相手との距離が近いのであまり効果のないドロップボレーですが相手がベースラインかそれよりも後ろの時はかなり効果が期待できます。

③相手のアングルショットで苦しい展開の時
相手がアングルショットを打ったきた時に相手の次の返球までの体勢が戻せそうにない時アングルショットの返球がとても重要になります。
相手に完璧なアングルショットを打たれた時点で正直負けと言っていいかもしれません。
この時に一発逆転のつもりで私はドロップボレーを使うことが多いです。
ダブルスの場合は前に前衛がいますのでアングルにコントロールします。
相手のアングルショットなので必然的にネットの近くで処理することになります。
練習すればこのドロップボレーで失うはずのポイントをこちらがわのポイントにすることができるので、ぜひ手に入れて欲しいショットの一つです。




ドロップボレーの打ち方
①回転がかけることは意識しなくて良い。
ドロップボレーを多用する選手で私がイメージするのはまずはナダルですね。
前に入るとドロップボレーを打つことがとても多い気がします。
あとは、フェデラーもそうですね。
フェデラーの場合はノーマルボレーが基本ですが、広い引き出しの中の一つして効果的にドロップボレーを使っています。
プロのドロップボレーを見ていると素晴らしいバックスピンやサイドスピンをかけてコートから逃げる、もしくは止まる回転がかかっています。
しかし、ドロップボレーは本来こういった回転はかからなくてもいいのです。相手のボールの勢いを止めるタッチができて浅いボールが打てれば良いのです。
なので無理にプロのドロップボレーの回転を真似しようと大きなスイングをせずにコンパクトに相手のボールの勢いを止めるようにシンプルにボールを捉えるように練習して欲しいと思います。

②ラケットを振らない
①の最後ともかぶりますが、ドロップボレーはボールの威力を止めるショットです。回転をかけようとラケットを振ってしまうとボールにラケットを振るパワーが伝わってしまってボールの滞空時間が長くなってしまいます。
あくまでボールの勢いを止める意識を持ってボールにタッチしてください。

③プロのドロップボレーのフィニッシュは面が上を向いている。
これは面を上に向けようとしてるのではなく相手の勢いを止めるためのタッチをした時に自然に上を向いたと考えるべきだと思います。
私がドロップボレーをするときの手首の動きをテニス以外の運動に例えようとした時に連想されたものが、ドアノブを捻る運動です。
ラケットを持った状態で面をボールの方向に向けてドアノブを捻るイメージでタッチするといい感じになるかもしれません。
また、私は数回しかしたことはありませんが、パチンコのボールを出す時に手首をひねります。
この運動もドロップボレーのそれと近い気がします。笑
経験者の方でテニスをされている方は是非イメージしてみてくださいw

④ボールを止める感覚をつかむために利き手と逆の手を利き手の手首に添える。
利き手が無駄な動きをしないように利き手を逆に手で動きを制限します。
するとボールの勢いが止まると思います。
プロのようなかっこいいドロップボレーではありませんが、試合では十分に効果的なショットが打てると思います。
これから練習しようと考えている方は是非チャレンジして欲しいですね。

いかがでしたしょうか。
ドロップボレーはどちらかというとダブルスの試合で使うことがあるように思います。
基本のボレーをしっかり習得してから使うことをお勧めしますが、試合に勝ちたいと思われてる方はドロップボレーはかなり有効なショットになリますので
是非取り組んでいただきたいです。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP