全ての記事【新着順】

リボルブ ウィルソン テニス ガット レビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はあまりウィルソンが発売することのないポリエステルガットであるリブルブをピュアドライブ2015に51ポンドで張り上げて使用してみました。

ガットを張った後に写真を撮ろうとしたのですが、ビニールをなくしてしまいリボルブのポップがなくてもうしわけないです。
オレンジカラー1.25MMのリボルブを使用しています。

このガットはかなりニッチなガットなので知っている人は少ないかもしれません笑
日本のショップではあまり取り扱われていないガットです。

ゲージの販売は
1.25mm
1.30mm
カラーは
ホワイト
ブラック
オレンジの三種類販売されています。

素材はポリエステル。

ガットの説明はこのくらいにして実際のレビューに入りたいと思います。




リボルブを実際に使ってみたレビュー評価 感想 インプレ

このガットは打球感が印象に残るガットでした。
ボールの勢いが出て、ボールスピードもいい感じに出すことができたと思います。
一緒に使ったガットはバボラのプロエクストリームだったのですが、
柔らかさが印象のプロエクストリームと違い、気持ちの良い打球感が印象のリブルブ。
こんな感じでしたかね。
張りのある打球感でホールド感がありボールに威力もエクストリームと比べ出ました。
ポリエステルガット全体で言えば打球感は普通と言えると思います。
ガツンとくる打球感以外の
反発性
コントロール
スピン性能
テンション維持
などの能力は全て標準くらいという印象を持ちました。

エクストリームよりやや硬い印象を持ちましたが全体的に能力に優れていてクセが少なくどなたでも扱いやすいガットというイメージをこのガットから受けました。

悪く言えば特徴がない。よく言えば万能型のガット。
こうなると思います。
標準的なポリエステルになりますので、このガットで自分の好きなガットを決める指標にもできると思います。

ではこのリボルブがピュアドライブに合うかどうか。

ピュアドライブにリボルブを使ったレビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

このガットはどんなラケットにも対応出来るガットだと思います。
一部フレームが薄いラケットではテンションを落とす方がいいかもしれませんがポリエステルをすでに使っているユーザーはなら全く問題なくどんなラケットでもクセがないので使用しやすいガットだと思います。




まとめ
①打球感の良さとホールド感が光るガット
このガットは張りのある打球感が魅力なガットです。
近い打球感を考えると4gの柔らかいバージョンといった感じだと思います。
ボールの弾道も近いものを感じます。4gほどの威力は出ないですが、柔らかく使用する人を制限しないといった点では十分魅力的なガットだと思います。

②バランスに優れ総合的な能力が高い
どこかが良いとどこか弱点があるのがテニスのガットなんですが、全ての項目においてやや高い能力を持っているガットだと思います。
例えば4gならスイングスピードが速い人ならば、とてつもなく威力のあるボールを飛ばせるが打球感が硬く使用者を選ぶといった感じです。

③弱点を挙げるなら基本的にインターネットでしか販売がない。
私は趣味でテニスショップを巡っているのですが、リボルブを置いている店には今の所出会っていません。笑
あまりメジャーじゃないのが原因なのかもしれないですね。
なので試してみようと考えられている方はネットで購入する必要があると思います。

いつも通り単張りとロールの最安値が出るフィルターのかかったリンクをご用意させていただきますので、最安値がきになる方はご確認ください。
リボルブ 単張り最安値一覧
リボルブ ロール最安値一覧

いかがでしたでしょうか。
張りのある打球感でホールド感が印象に残るリボルブ。
総合的な能力も高いと感じました。
テニスのガットでバランスを重視する方に一度試していただきたいガットです。

次回はトアルソンのデビルスピンをレビューしたいと思います。
ご期待ください。

また、ポリエステルガットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったポリエステルガットを一覧で見れますので、ご興味がありましたら是非見てみてください。
ポリエステルガット レビュー全まとめ

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP