全ての記事【新着順】

テニス ローボレーの仕方 コツ 上達法 上手くなり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はローボレーのコツについて書いていきたと思います。

皆さんはどういった状態でローボレーをすることが多いですか?
私が一番ローボレーをするときは、ダブルスのファーストボレーだと思います。

特にセカンドサービスのときは相手にうまいこと足元に沈められます。

状況によってはワンバウンドさせてから返球しますが、個人的には一度ストップしてしまうのでそのままノーバウンドでボレーをしたいです。
この時、ローボレーをするのですが、ちょっとしたコツがあります。

それは、下半身でボールを運ぶことです。

ファーストボレーはネットの遠くで取らされることが多くて、長い距離を飛ばす必要があります。
ファーストボレーが苦手な人の共通点はこの時にラケットを振ってしまうことです。

ボレーは繊細なタッチが必要なショットですので、できるだけラケットの運動は少ない方がいいのです。
特に上下の運動は極力避けるべきだと私は考えています。

腕を振らずにボールを飛ばすにはどうすればいい?
下半身のステップの力を使って飛ばすのが最もボールを安定して返球することができます。

具体的に私は、ローボレーをするときはラケットをインパクトするときの状態にセットしてフォアボレーなら左足を踏み込むタイミングでインパクトします。
ステップの力というのはこの踏み込みを大きくするということです。
大股のステップとも言えますかね。
下半身の推進力をボールに伝えることでラケットの動きを最小限にして安定して返球することができます。

バックボレーの場合は右足を踏み込むタイミングでインパクトします。

下半身の動きでボールにパワーを与えるのはローボレーに関わらず全てのボレーで大事ですので、是非下半身のステップを使ってボールを飛ばす感覚を身につけていただきたいと思います。

また、ローボレーをするときに良くある間違いは膝を負けずにラケットだけ下げて返球することです。
ラケットのヘッドを下げてボレーすると特に安定性を失ってしまうので要注意です。

ラケットを下げるのではなく膝を落として体とラケットの距離はできるだけそのままで打つ。

またこのローボレーを打つ時のコツとしてはあまり低すぎる返球を狙いすぎないことです。
もちろん低くて速い返球ができればそれだけ相手は苦しくなりますがローボレーはボレーの中でも難易度の高いショットになります。
相手が前に詰めていない時はとりあえず後衛がいる方に簡単に返球しようくらいのボールでいいと思います。
慣れてきて精度が高くなってくればもっと厳しいコースを狙うといいでしょう。

いかがでしたでしょうか。
ローボレーのコツの要点は
①飛ばす距離は長いが、腕は降らず大股の一歩の下半身の力を使ってラケットを振らない。
②低いボールに対してラケットを下げるのではなくて腰を落として姿勢を低くする。
③最初のうちは厳しいコースは狙わずに安定して返すことから始める。
この三つになれれば確実にローボレーが上手くなると思います。

ローボレーが苦手な方は是非チャレンジしてみてください。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP