ウィルソン テニスラケット

ブレードcv blade 2017年 16×19 ウィルソン テニスラケット レビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_20161202_175155

今回はまだ12月1日に発売が開始されたウィルソンの新作ラケットブレードcvの16×19を実際に使ってみました

メーカーの説明では、
マイルドな打球感と球持ち感に優れるトリプル・ブレイディッド・グラファイト製法を採用したラケット
ブレードシリーズは、ウイルソンのツアー選手の使用率ナンバー1のラケットということです。
詳しくは、別ページでテクノロジーの説明をしていますので
ブレードテクノロジーはこちら
ここでご確認ください。




スペックで判断

フェイスサイズ 98インチ
重さ 304g
バランス 325mm
ストリングパターン 16×19
フレーム厚 21mm

こちらが新作のブレードのスペックになります。
スペックから判断すると黄金スペックよりも少しハードなスペックにはなりますが、
誰でも扱える範囲のスペックですね。

フレーム厚が少し薄いので反発力が抑えめなスペックだと判断できます。

では、実際に使ったレビューに入りたいと思います。

実際に使ってみたレビュー 感想 評価 インプレ

このブレードcvは前作に比べて硬く仕上がっていると思います。
昨日実際にラケットを使ってみると、前作のような強烈なしなりは減っているように感じました。

そのかわりにラケットの振動性はかなり減っていましたね。
特によかったのはハードヒットした時のボールの威力です。
一緒にピュアドライブを使用したのですが、楽なのはやはりピュアドライブでボールの速度も簡単に出ます。
ブレードも振り切ればピュアドライブと同等の速度が出ます。さらに、振り切ったときに相手をうっと言わせるような威力のあるボールを打ちやすいのはブレードでした。

ボレーの操作性は素晴らしくて感覚としてはプロスタッフRFの少し硬いバージョンといった感じでしょうか。
相手のショットに負けずにきちんと深いところにコントロールすることができました。

相手のボールに負けないのはストロークも一緒でしっかりスイングしたときは相手のハードヒットに負けずさらに威力のでるボールを安定して返すことができました。

ストロークはスピンというよりもフラットドライブ向きかなと思ったのですが、フラットだと浅くなることが多々出てきてしまったので、厚く当ててライン際で落とすイメージの高い弾道で振ってみるととても威力があってスピンもしっかりかかりました。
ただ、このラケットは前作に比べ硬い仕上がりになっているので、威力を出そうとするとスイングスピードが必要になってくると思います。
前作がラケットのしなりでボールを飛ばすラケットだとしたら、今作は自身のスイングでボールを飛ばすラケットとなるのではないかと思います。




このラケットがでプレーしやすい・向いているプレースタイル
①ボールに威力を出したい方におすすめ
ボール威力がとても出るラケットです。
ほかのラケットでこれに近い威力を出せるラケットを考えるとプロスタッフrf97とプレステージシリーズですね。
この二つよりも重さはかるいので、比較的軽くて威力の出せるラケットになります。

②コントロールを重視したプレースタイルの方
相手のボールに押されることがストローク・ボレーとともにほとんどなかったです。
面さえ作って準備しておけばかなり正確なコントロールができます。

③ぐっとおちるスピンショットを打ちたい方。
トリトンのおかげもあると思いますが、高低差のあるうねるようなスピンショットがきちんとスイングしたときに打てました。ピュアドライブはらくで素晴らしいラケットですが、こういったボールは打ちづらいです。
会心のスイングとインパクトできればプロのようなボールが飛んでくれました。笑

このラケットに適したガットとテンションを考えてみる。

今作のブレードは前作よりも確実に硬く仕上がっています。
ですので、トリトンも柔らかめですが、同じくらい柔らかいかもっと柔らかいポリエステルのほうが向いていると思います。
もちろんナイロンのモノやマルチフィラメントでもいいですね。

テンションに関しては今回は51ポンドで張り上げていますが、もっと柔らかくていいと思いました。
私が次回このラケットを使うときはテンションは47ポンドくらいですね。

私のレビューしてきたガットたちの中で柔らかいと判断されているモノを使っていただければまず間違いないと思います。
気になる方はこちらからご確認ください。
ポリエステルガットまとめ

いつも通り、最安値が出るフィルターのかかったリンクをご用意させていただきますので、最安値が気になる方はこちらからご確認ください。
ブレードcv 最安値一覧

いかがでしたでしょうか。
前作のかなりしなるブレードシリーズと比べると今回のブレードは硬くなっています。
前作のしなる感覚がお好きな方は前作がお値打ちになるときに買いだめをするべきかもしれません。
ちなみにこちらが前作の最安値です。
ブレード2015 最安値一覧
やや扱いが難しくなりましたが、スペックは標準でかなりパワーがでるようになったのは間違いありません。
スペックのわりにかなりハードなショットが打てる新作ブレード。
世代を問わずばりばり打ちたいという方にはかなり押せるラケットです。

また、テニスラケットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったテニスラケットを一覧で見れますので、是非ご覧ください。
実際に使ったテニスラケットレビュー全まとめ

最後になりましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

    • リリー
    • 2017年 1月 18日

    「ブレードCV18×20」を使っています。なかなかフィットするストリングがみつかりません。柔らかいストリングを選ぶとすると、ルキシロン4Gソフトとシグマプロのマイクロナイトだと、どちらがおすすめでしょうか?マイクロナイトは使ったことがないのですが、このストリングでもテンションは47ポンドでしょうか?コメントいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

      • フェデ太郎
      • 2017年 1月 25日

      リリー様コメントありがとうございます♪
      18×20とはかなりハードなスペックをお使いですね笑

      ポリエステルとマルチフィラメントでは柔らかいポリエステルといってもマルチに軍配があがります。

      私がブレードのCV16×19ではなく18×20を使うのであればテンションは44ポンドあたりで最初調整すると思います。
      面圧も高いですし、反発力も16×19よりも抑えられますので。

      もし、リリー様がハードヒッターでスピンをかけられるプレースタイルをされているのであれば4Gソフトでがくんとテンションを落として試されるほうがいいと思います。
      一方スピンはこだわらずフラットベースをプレーをされるのであれば、44ポンドあたりでマイクロナイトを試されてテンションを調節されるのがいいかと。

      少しでもお役に立てれば幸いです。

    • としまる
    • 2017年 2月 14日

    こんにちは。いつも楽しく拝見させてもらってます。
    自分は大学でテニス部に所属しています。
    いまBlade98 16×19の2013年モデルを使用しています。
    でも今のラケットよりもう少しパワーアシストが欲しいのと、ストーロクが安定しなくて、特にネットミスが多いのでもう少し弾道を上げたいと考えていて Burn cv を買うか、Bladecvを買うか迷っています。

    もしよろししければ、ご意見いただけますでしょうか。よろしくおねがいします。

    • フェデ太郎
      • フェデ太郎
      • 2017年 2月 14日

      としまる様 コメントありがとうございます。
      ブレードの旧作モデルは個人的にしなりがあってスピンもかけやすく高い弾道でボールが打ちやすいモデルだと思います。
      なのでネットネスが多いのはボールのインパクトの厚さが薄いか、反発力が低いガットを使っているかテンションが高すぎるといった可能性も出てきます。

      ご質問の二機種でパワーアシストの性能でいえば、間違いなくバーンCVの方があると思います。
      スイートスポットで捉えた時のパワーアシストはピュアドライブをしのぐものだと思っています。

      できれば使用しているガットやテンションなどもお聞かせいただきたいのですが、よろしいでしょうか。

        • としまる
        • 2017年 2月 14日

        早い返信ありがとうございます。

        ガットはテクニファイバーのレッドコードを52ポンドで張ってます。

        • フェデ太郎
          • フェデ太郎
          • 2017年 2月 14日

          としまる様お返事ありがとうございます。
          やはり、少し硬めのポリエステルガットをご使用なんですね。

          テンションはそのままか少し柔らかく。
          ガットは引っ掛かりの良いトリトンやオリジナルに変更するとブレードのままでも改善されると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP