全ての記事【新着順】

プロラインⅡキルシュバウム テニス ガット レビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はキルシュバウムのプロラインⅡをピュアドライブ2015に51ポンドで張り上げて使用してきました。

今日はシングルスの実践の中で
プロラインⅡとプロラインラフの二種類を交互に使用したので、より実践的なレビューができるのではないかと思います。
まず、始めにガットの情報ですが、

定価2200円+税
ゲージの販売は1.15、1.20、1.25、1.30(mm) 【私は1.25mmを使用しました】
カラーはソリッドレッド・ブラック

なぜかブラックの方が柔らかいみたいです。
私はソリッドレッドを使用しました。

メーカーの説明では、

Pro Line Iの姉妹モデル。パワーとスピン及びコントロール性能のバランスがよく、長時間プレーに適したモデル。ハードに打ち込んでいく攻撃型のプレーヤーにお薦め。

赤いソリッドレッド・カラーのプロラインIIに新しく加わったブラック・バージョン。ヨーロッパの多くのプレーヤーからの要望により生まれたこのブラックモデルは、ポリ系ストリングとしては柔らかく、テンションロスも少ないので長時間プレーが可能である。攻撃型のハードなプレーヤー向き。

となっています。

実際に使ってみてからメーカー説明を読んだのですが、なるほどその通りです。
特にプロラインⅡはコントロール性能はかなりばっちりなガットだと思います。

ガットの情報はこのくらいにして実際に使った使用感について書いていきたいと思います。




プロラインⅡ 評価 インプレ 感想 レビュー 実際に使ってみました。

キルシュバウムのガットは三つめですが、このガットは最も反発力が抑えめに作られています。
ポリエステル全体を見て打球感はやや硬い~普通
反発力は抑え気味~やや抑え気味くらいになると思います。

最近使ったガットでいえば、ホークよりやや柔らかくてもう少し飛ぶくらいだと思います。
ホークタッチよりも硬くて飛びは抑えめ。
ヘッドのホークとホークタッチの間くらいのガットといった印象のガットです。

ホークシリーズと同じくコントロール性能は素晴らしく、前回の記事の壮絶なるクリスマスシングルスの後半試合をリードしていた時にはこのガットをつかっていました。
相手がストロークもしくは、サービスから前に来るときにいい感じに手の届かない、苦しいところにボールをしっかりコントロールできました。

反発力は抑え気味のガットなのでいざストローク勝負になるとガンガン振っていかないといいボールが飛ばないですが、今日のシングルスでは
余計なことを考えずにラケットを振りぬけたので、頭の中がクリーンになってよかったです。

現在使ってきたキルシュバウムのガットは
プロラインエックス
スーパースマッシュ
プロラインⅡ
の三種類ですが、

最も反発力があるのはスーパースマッシュ
打球感が気持ちよくバランスが良かったのはプロラインエックス
反発力を抑えられていて、ハードヒッター向きのガットなのはプロラインⅡになると思います。

では、プロラインⅡがピュアドライブに合うかどうか




ピュアドライブ2015年にプロラインⅡを使ったレビュー 評価 インプレ 感想 実際に使ってみました。

このガット反発力が抑えめになってコントロール性能に特化しているガットです。
もともと反発力が強くてややコントロールが難しめといわれているピュアドライブなのでボールが飛びすぎると感じられている方には良い組み合わせになると思います。

けっこう思い切って振らないといいボールは飛びませんが、コントロールはとてもしやすいガットです。
若い世代でラケットをバンバン振りたいという方で、コントロールもしっかりしたいという方には良いガットだと思います。

まとめ
①反発力抑えめのコントロールガット
このガットも最も魅力的になる部分だと思います。
私が特に助かったのはフォアハンドとバックハンドのダウンザラインのショットの正確性です。
強打しても合わせてゆっくりなスイングでもキレイにコントロールすることができました。
相手が前に出てきたときなど、正確なコントロールが必要な時などは心強い味方になってくれそうです。
同様にダブルスでのコントロールショットなどに向いているガットだと思います。

②ストロークで攻めるのにはスイングスピードが必要
ストロークでガンガン押したいと考えている方は少しスイングにスピードが必要なガットだと思います。
アウトになることはあまりなかったですので、アウトの心配はせずにガンガンスイングしやすいガットだと思います。
ミスはどちらかというと、ネットが多くなるタイプのガットだと思いますが、ネットの高いところを通すイメージで強打すればほとんど入るでしょう。
フラットで強打すればコントロールがとてもしやすくするどいボールが打ちやすいと思います。

③スピンよりもフラットベースの選手に向いている
このガット、サービスとストロークの時に感じたのですが、スピンがめちゃくちゃかかるというわけではありません。
かからないわけじゃないですが、どちらかといえばフラット主体のプレーヤーに向いていると思います。
中途半端な回転量だと威力が出ずに、ボールの伸びもいまいちになってくると思います。
スピンをかけてプレーしたい方には、やや上級者向きのガットだと思います。

いつも通り、単張りとロールの最安値が出るフィルターのかかったリンクをご用意させていただきますので、最安値が気になる方はこちらからご確認ください♪

プロラインⅡ 単張り最安値一覧
プロラインⅡ ロール最安値一覧
いかがでしたでしょうか。
反発力抑えめのコントロールが光るポリエステルガット。
こういった性能をお求めの方には一度使っていただきたいガットです。

次回は今日一緒に使ったプロラインラフをレビューしたいと思います。
ご期待ください。
また、ポリエステルガットをまとめたページを作らせていただきました。
私が今まで使ったポリエステルガットを一覧で見れますので、ご興味がありましたら是非見てみてください。
ポリエステルガット レビュー全まとめ

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP