全ての記事【新着順】

壮絶なるクリスマスシングルス ボレーにくる相手への対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




はい、今日はクリスマスですね。

非リア充なる私は、当然に暇です。
ということでテニスをしてきました。

しかも、最近まったくしていなかったシングルスの試合のオファーを受けて2時間フルでシングルスをしてきました。

先にスコアを書かせていただきます。
1-6
3-4【3-3タイブレークの4-7】
相手は25歳の元関西の大学体育会の子【男性】でした。

ファーストセットぼこぼこにされた原因はまさかの相手がサービス&ボレーを主軸にする相手でしかもボレーが手堅い。
リターンゲームも無理にでも前に詰められてボレーで左右に振られて正直フットワークが間に合わなかったです。笑

セカンドセットは途中で別の友人が遅れて参戦してきたので、4ゲーム取った方の勝ちという形になって
3-1だった私は気が抜けてそのまま敗北しました笑

とても反省点の多い試合でした。

クリスマスのこんな日にプレーの反省をしたくはなかったのですが、なにがだめだったか考えてみました。

ファーストセット。相手が前に来るとわかっていて、対応が遅すぎた。
これに尽きると思います。
足元にボールをコントロールしても9割くらいの確立でいいボールが返ってくるので正直私で勝てるのか??
という相手だったのですが、なにかしらのアクションを速い段階ですべきでした。

結局ファーストを落としてからの対応になったのが、負けの原因ですね。
相手のプレーをみてこちらの対応するまでの速さ。初見の相手となるととても大事になると思います。

セカンドセットはファーストセットの問題点をいかして、より厳しめのコースを威力を落としてもコントロールして相手の届かない範囲にボールを運ぶようにしたり、
私のサービスゲームでは前に相手が出れないようにファーストの確立をできるだけ上げて攻めるボールを作らせずに、速い攻めをこころがけできるだけ深いボールを打つようにしました。
あとは、パッシングを打つときのタイミングを早くしたり、相手にコースがわからないようにしっかりと肩を入れたりしてパッシングショットでポイントを作れるようにしました。

普通にストローク勝負ならば7-3か6-4くらいでこちらに分があったと思います。
セカンドセットは正直私体力の限界が来ていたのですが、途中までは3-1とリードすることができていました。

あまりに悔しかったので1月の末にシングルスの大会に出場するまで毎週シングルスの試合を今度はこちらからオファーしました。
向こうも楽しんでくれていたらしく快諾してくれました。

次こそは勝ちたいと思います。笑

余談ですが、試合にも負けましたが、その25歳は今頃女の子とデートしているはずです。
今日はテニスも私生活もぼこぼこにされた気分です笑

せめて次回はテニスだけでも勝ってきますので皆さん心の中で応援してください。笑

くだらない記事になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます♪








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP