全ての記事【新着順】

錦織圭 2016 アメリカメディアの評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




米メディアが錦織の2016年の総括を載せていたので、comeontennisでもご紹介させていただきます。
米メディアの評価は
4大大会は優勝することができなかったが、
2016年は錦織は一年間を通して安定した成績のを残せたこと。
メンフィスオープンでは4連覇を達成したこと
キャリア通算で301勝142敗と高い勝率をマークしていることができている。
という評価でした。

また2017年は2016年これだけ安定した成績を残せたことでかなり期待できるというよい評価をされていました。
ビック4やキリオスなどの若手の台頭の中、その間に挟まれてよく戦っているとも書かれていました。

「いわゆる“ビッグ4”やニック・キリオスのような世代と競争し続けている。今年のATPツアーでは安定感を見せており、17年、ニシコリはインパクトを残すだろう」、「彼のプレースタイルはバランスが取れていながらも、必要ならば予測不能なプレーを織り込んでくる」

こんな感じの評価ですね。
今までで一番の成績は全米オープンの決勝という成績はありましたが、安定した成績を残せていなかったので、米メディアからの評価は低かったのですが、
シーズンを通して安定した成績を残し、トップ10から一度も落ちなかったのが今回の米メディアの高い評価につながったのでしょう。

錦織もプロの厳しい戦いで満足のいくプレーができるのはあと3年が限界だと思うので、来年ビックタイトルを取ってほしいですね。

みんなで応援しましょう♪








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP