グランドスラム

2017年 全豪オープンのシードが発表 錦織は第五シード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




2017年1月16日から開催される全豪オープン本戦のシード順位の発表がされました。

錦織は世界ランキング5位と並び全豪オープンシードも第五シードとなります。

過去の成績は2012年、2015年、2016年でベスト8にまで上がっています。
なお、2016年はジョコビッチにストレートで敗れています。

先週のブリスベン国際は惜しくも準優勝でしたが、第三シードだったのでシードよりも上の結果ということを考えると最高ではないが順調なスタートをきれたのではないかと思います。

第一シードは7年間狙い続けていた王座をようやく手に入れたマレー。
第二シードは3年連続と7度目の優勝を狙うジョコビッチ。
ジョコビッチにとっては記録更新も絡むとても大事な試合ですのでギアを一気に上げてきそうですね。

なお私の大好きなフェデラーは17シード。
錦織以外のブロックにどうか入ってください笑

ドロー自体は13日、つまり明日発表予定です。
シードメンバーは
第1シード:マレー
第2シード:ジョコビッチ
第3シード:ラオニッチ(カナダ)
第4シード:ワウリンカ(スイス)
第5シード:錦織圭
第6シード:モンフィス(フランス)
第7シード:チリッチ(クロアチア)
第8シード:ティエム(オーストリア)
第9シード:ナダル(スペイン)
第10シード:ベルディヒ(チェコ共和国)
第11シード:ゴファン(ベルギー)
第12シード:ツォンガ(フランス)
第13シード:バウティスタ=アグ(スペイン)
第14シード:キリオス(オーストラリア)
第15シード:ディミトロフ(ブルガリア)
第16シード:プイユ(フランス)
第17シード:フェデラー
第18シード:ガスケ(フランス)
第19シード:イズナー(アメリカ)
第20シード:カルロビッチ(クロアチア)
第21シード:フェレール(スペイン)
第22シード:クエバス(ウルグアイ)
第23シード:ソック(アメリカ)
第24シード:ズベレフ(ドイツ)
第25シード:シモン(フランス)
第26シード:ラモス=ヴィノラス(スペイン)
第27シード:トミック(オーストラリア)
第28シード:ロペス(スペイン)
第29シード:トロイキ(セルビア)
第30シード:カレノ=ブスタ(スペイン)
第31シード:クエリー(アメリカ)
第32シード:コールシュライバー(ドイツ)

こうなっています。
シード順位も知りたいですが、ドローも速く知りたいですね笑

発表され次第すぐにあげますのでもうしばらくお待ちください♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP