全ての記事【新着順】

錦織VSフェデラー 2017年全豪の考察 フェデラーの進化と錦織の今後の課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




惜しくもフェデラーに錦織は2-3のフルセットで敗北してしまいましたね。
とても惜しいような遠い試合だったと思います。
7―6、4―6、1―6、6―4、3―6

私はファーストセットから見ていましたが、錦織のストローク力はやはり歴代ナンバーワンとも呼ばれているフェデラーにもひけをとらない素晴らしいプレーでした。

では、錦織の課題からです。

錦織の課題

これは明らかですよね。
詳細なデータは覚えていませんが、ファイナルセットの途中まで錦織のサービスエースは4本でした。
対してフェデラーは20本を超えています。
錦織の試合で勝つための一番のポイントはサービスです。
ストロークなら間違いなく世界3本の一人に選ばれるほどのものをもっています。

サービスでも一本の奪取力。身長の低い錦織には厳しい課題にはなりますが、せめてファーストサービスの確立を他の選手よりも高いレベルまでもっていっていければと思います。

しかし、以前に比べて勝負どころでのファーストサーブの確立が上がっていてほしいところでとれる精神力の強さを感じました。
錦織にサービス力を上げてほしいのはサービスポイントだけではなくて、試合の長さにも影響してくるからです。
フェデラーはご存知の通り、速度はほかにいくらでも優秀な人がいますが、コースを読まさないフォームからセンターワイドととても素晴らしいコントロールを持っています。
錦織との試合も短い時は50数秒でサービスゲームを終えていました。
サービスエースもしくはサービスのあとのチャンスボールを決めて終わりという時間です。

対して、錦織はフェデラー戦最長で10分のサービスゲームを取りました。
これだけで、フェデラーの10倍苦しんでサービスゲームを取っているわけです。

錦織はフィジカルが弱いのではなくてほかの選手よりもしんどいプレーをして勝ち上がっているのだと痛感させられました。笑

フェデラーも35歳で体力が決してあるほうではないはずですが。圧倒的なサービス力でゲームを楽に進めているというのはコンスタントに成績を残すのにとても大切なファクターになっているのでしょう。

ほとんど最強のストロークとフットワークを持っている錦織ですので、残るはどれだけ楽にサービスゲームをとる工夫をするか。
これが個人的にグランドスラムを錦織がとるために今最も必要な要素に感じます。

フェデラーの進化

これは恐れ入りました。
進化というかフットワークのキレが全盛期の試合ではないかというくらいに良かったと思います。
錦織との速い展開のラリーも後ろに下がらずバチバチと打ちあっていて、こんなすごい35歳存在するのかと感動を覚えました。
まず、素晴らしいフットワークを取り戻したという点。
もう一つ個人的に今大会のフェデラーはバックハンドがとても素晴らしいです。
フォアハンドは今までもとてつもなかったのですが、今大会ではバックハンドの角度とコース、タイミングが今までに類を見ない気がします。

まずはクロスへの角度。最近のフェデラーはバックハンドがちゃんとあたらずチャンスボールすれすれのものが多かったのですが、錦織との試合ではバックハンドの角度が素晴らしく錦織がコートの外に追いやられるということがありました。
そこで錦織も素晴らしいバックのクロスを返すのですが、さらに上をいくフェデラーの片手ならではのかなりタイミングの速いバックハンドのストレート。先日の試合でも何本もバックハンドのウィナーを見ました。

弱点とまではいかないが武器ではなかったフェデラーのバックハンドの向上。そしてフットワークの改善。
このまま怪我さえなければまだまだ4大大会を取れると錦織戦を見て確信しました。

次回ワウリンカとの片手バック対決ですが、楽しみですね。
さすがにワウリンカのバックには威力では勝てないので、錦織との試合とはまた違ったテニスで勝負すると思いますが、
フェデラーとワウリンカのバックハンド対決も楽しみな点ですので、皆さんも注目してみてみてください♪

試合の一部の動画を載せておきますので是非見てください。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

    • 健太
    • 2017年 1月 27日

    フェデ太郎さんこんにちは

    フェデラーVS錦織ナイスゲームでした。
    序盤は錦織が優勢で5-1からの錦織サーブアンドボレーでバックボレー2本ミスがフェデラーの勢いが上がってきたようにに思います。やはり、テニスはとれるポイントで取らないと流れが変わってしまうんだと痛感しました。
    フェデラーのサーブはほんと読めなさそうでしたね。錦織が何回も逆を突かれていました。

    フォアハンドのウィナーがすごくて、ダウンザラインに何回も決められていました。
    逆クロスが利いている証拠ですね。
    シングルバックも素晴らしかった。フェデラーのテニスは芸術です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP