全ての記事【新着順】

リターンの練習方法 相手のフォルトの時のリターンを染み込ませる考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はリターンについて私の考え方を書きたいと思います。

試合でリターンをするときに、これはフォルトだなって時のリターンがあると思います。

そういうときのリターンに限ってめちゃくちゃ良いリターンが返ったりしませんか??笑

私はよくこれがインだったらいいのにとたらればを考えています。w

なぜ、この相手のフォルトの時のリターンがうまくいくのか今日はそれについて考えてみます。

理由①
まったく力んでいないから
これは大きい要素になると思います。
野球でも一緒ですが、力んでいてはいいバッティングはできません。
リラックスしているスイングの方がボールにパワーを伝えられますし、しっかりとインパクトできます。
テニスだと無駄な力みがないとしっかりとスイートスポットでボールを捉えることができて
練習の時のようなスイングができるのだと思います。

理由②
無意識でスイングできるから
無意識でスイングできる。これって所謂ゾーンというやつです。
無駄な思考がプレー中にないからこそリラックスしてボールが打つことができます。

理由②も理由①と同じですかね。笑
要はミスしても別にいいやという状況下で完全にリラックスしてリターンすることができるのが相手のフォルトの時に良いリターンができる理由になると思います。

試合中にリラックスしてまったく力む必要のない絶好のボールを練習に使わない手はないですね。
特にぎりぎりフォルトの時はリターンしても自然なことなので気にせずリターンしちゃってください。

そして、その感覚をできるだけ体に染み込ませるのです。
一部の腕の動きだけでもいいので、あ、今こうやったな。
というのを覚えて次のリターンで同じようにするのです。

私自身この相手のフォルトを利用して集中するときのギアとして使用します。
あきらかなフォルトの時や、ボーラーがいない試合でやりすぎると相手に迷惑がかかるので、
ゲームで数回くらいの気持ちでこの記事を読んでくださった方も是非チャレンジしてみてください。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP