全ての記事【新着順】

テニスのうまくなる方法 体の大きな部位を意識して使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は私の友人が初心者の子を指導しているときに話していた内容です。

体の大きな部位を意識して打つとは、逆の考え方をすると腕だけで打つなということです。
試合の中で緊張しているときに体の小さな部位、腕や手首だけでショットを打つと、力みやすいし
ぶれる可能性があります。

なので私の友人がストロークをするとき意識しているのはより大きな筋肉を使う意識をしているようです。
具体的には上半身でいえば大胸筋を意識して使っているようです。
大胸筋とはその言葉の通り、胸板の筋肉ですね。

そこで私もこの間の練習で意識して大胸筋を使ってみました。
まず、良いと思ったのが、腕と手首の力が入らないのでスイングが速くなっている感覚をもちました。
さらにヘッドが回ってスピンもよくかかります。

これに慣れて安定したスイングができればなるほどいいなと思いました。
力みはすべてのスポーツにとって大きな敵ですのでより小さな部位の筋肉よりも大きな筋肉を意識することで
力みを減らすことができます。

意識が何かに集中しているという状態はほかのことに意識が向かなくて楽でもあります。
試合中に手首はこうしてスイングはこうしてコースはこっちで回転はこうでと考えるのはあほらしいですからね。
長いキャリアを積むと自然に回転量やコースは分けれるようになります。

私の友人の”より大きな部位【筋肉】を意識する”はとても良いアイデアで目新しいと思います。
個人的には筋肉ではなくて腕ではなく肩でもよいと思いますし、肩じゃなく腰でもよいと思います。

ご自身でしっくりする体の部位があると思いますので、是非一度意識してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
試合で緊張したときなど抜群の効果を生み出すと思います。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP