全ての記事【新着順】

私とガットの感じ方が違う方のガットの感じ方を考えてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日、ガットどれがいいと思いますか??
という話になったときのことについて今回は書きたいと思います。

その方はRPMブラストを使用していてもっと柔らかいものを使いたいと私に言ってきました。

実は私は自分がCome on Tennisを運営していることを本当によくテニスをする一部の友人を除き言っていません。

私のレビューでは、
RPMブラストよりプロハリケーンツアーの方が打球感が柔らかいものだと言っています。

しかし、私にどのガットがお勧めか聞いてきた方はRPMブラストよりもプロハリケーンツアーの方が硬いとおっしゃっていました。

私は内心まじかと思ったのですが、そういう風に感じられる方もいるということですね。

なので今回は主にRPMブラストとプロハリケーンツアーについてどういった特徴になるのか書きます。

まず二つに共通していることは
形状がオクタゴナル形状【ガットが8角形】であることと、
ラファエルナダルが長年愛用してきたガットであるということです。
現在はブラスト、それまでの長い期間をプロハリケーンツアーを使用しています。
ちなみに、ブラストに関してはワウリンカもブラストを使っているという噂を聞いたことがあります。

本当のところがどうかはわかりませんが、おそらく使っているのではと思います。

RPMブラスト

ポリエステル全体を通して、打球感はやや硬めで、飛びはやや抑えめなガットであると思います。
しかし、反発力がないわけではなくカラッとした打球感でけっこうあっさりとボールを飛ばしてくれるガットである印象を持ちます。
対してスピン性能ですが、スイングスピードが速い方がスイングをすればガットアシストをしっかりと感じることができますが、
実際に使ってみて、ソリンコのハイパーGやシグナムプロのトリトンの方がスピンの量はかかるかなと個人的に思っています。
スピンはかかりにくいわけではないが、強烈なアシストがガットに備わっているかというとほかに優秀なガットはあるかなと。

対してプロハリケーンツアーに入りたいと思います。

プロハリケーンツアー

このガットは
個人的には打球感はブラストよりも柔らかいと思います。
では、私の知り合いの方はRPMブラストよりもなぜこのガットが硬いと感じたのか。
私なりにその答えを考えると、ホールドしている時間。ボールとガットが接地している時間をこのガットの方が長く感じることが硬いと感じる要因になっているのではないかと思います。
もちろん私がRPMブラストよりプロハリケーンツアーの方が柔らかく感じているのが少数派という可能性もありますが、おそらくは多数派になると思います。笑

私の言ううち心地ですね。ガツンとした打球感はプロハリケーンツアーの方があります。悪く言えば重たいという表現になると思います。
しかし、接地している時間が長いほうがボールを運べコントロールしやすいですし、悪いことだけではありません。
ボールスピードはブラスト、ボールの威力だとプロハリケーンツアーの方が出しやすいと思います。




まとめ

個人的なまとめですが、人によってはプロハリケーンツアーのガツンとした打ち応えのある打球感は硬いと感じることがあるのかなぁと思います。
実際にブラストの方が硬いと思うのですが、球離れが速くボールがラケットから離れていくので柔らかく感じる可能性があります。

このページを読んでくださった方で私の知り合いの方にホールド感のある打ち応えのあるガットを硬く感じると思われる方はブラストのように球離れ速いからっとした打球感のガット方が柔らかく感じるかもしれません。

あてはまる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

最後にここまで読んでくださったかありがとうございます♪

それぞれのガットのレビューも過去に扱っていますので気になる方は下のリンクからご確認ください♪
RPMブラスト レビュー
プロハリケーンツアー レビュー




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP