全ての記事【新着順】

試合で新球マジックにかからないための普段の練習の意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は試合で新球マジック【新しくて威力も出て、反発力も最高の時のボールでミスを連発することを勝手に新球マジックと呼んでいます。】に陥らないための
普段の練習方法になります。

実は私の高校はメーカーから試供品という名の練習球をいただいていたので比較的いいボールで練習できていました。

しかし、社会人になってテニスサークルに入るとなかなかそうはいきません。
サークルの運営を安くするためにボロボロのボールでも我慢してみんな使っています。笑

私自身、このボール達はひどい。と思い遊んでいます。
そして最近は隔週ペースくらいで試合に出ていますので、始めは試合の時の新球と練習の時のボロ球の違いに戸惑っていました。

現在はだいぶなれてきたのでその経験から普段ボロボロのボールで練習している方に向けてどういった意識でプレーをしたら試合の時にうまい具合にいくのか書きたいと思います。

まず最も大事なのは、オーバースイングしないということです。

新球はよく飛び、よく回転がかかり威力が出ます。
大してボロボロボールは飛ばなくて威力も出ません。

普段の練習のボロボロボールは威力を出そうとして思いっきりスイングすると新球のボールを打った時に
オーバースイングになってしまいます。
振り切ってスピンをしっかりかけて落とすことが常にできるフットワーク、メンタルをお持ちの方は練習でもフルスイングされたらいいと思います。笑

試合で勝つ選手というのは基本的に一定のスイングスピードを持っています
チャンスボールや攻めたいときにそのギアを上げてスイングスピードをあげるものです。

なのでボロボロボールだでパワーが出ないからといって試合で使うスイングスピード以上ものを練習で出すと試合とのギャップが生まれます。

できれば試合の中、無理な場合は新球で限りなく本番に近い環境で試合をし、自分の無理なく続けられるスイングレベルを見つけ
ボロボロのボールdの時もそのスイングをする。

これが新球マジックにかからないための私なりの方法です。

私の場合、実際にこれをやってみるとボールが浅くなります笑
しかし、本番でいいボールを使うとちょうどいい深さになります。

今までの内容はストロークの話ですが、ストロークに限った話ではありません。

サービスも威力が出ないからといってフルスイングするひつようはありません
新球を使えば軽い力で十分な威力を出せます。

ボレーも同じで飛ばないからといってコートの奥隅を狙った深いボレーを無理やり狙っていると本番でアウトするリスクが高まります。
基本に忠実に振らないボレーをしていれば新球で十分にあいてを苦しめることのできるボレーになります。

いかがでしたでしょうか。
私なりに新球マジック【新しくて威力も出て、反発力も最高の時のボールでミスを連発することを勝手に新球マジックと呼んでいます。】に陥らない方法を考えてみました。

本番で力を出せないという方は多いのではないでしょうか。
私自身最近感じて意識的に取り組んでいることでうまくいっていると思います。

是非興味がある方はトライしてみてください。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP