全ての記事【新着順】

先日の大会はとにかく勝つプレーをしながらも準優勝でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




残念ながら先日行われた男子ダブルスの大会は準優勝という結果に終わってしまいました。

エクストリームMPAの16×16の方がピュアドライブよりも楽だったのでそれで出ようかとも思いましたが、使って数日のラケットで試合に出ると
ここぞというときに自信をもってスイングができなさそうだったので
いつも通りピュアドライブで出場しました。

選択したガットはRPMブラスト。
テニスエルボーになってしまったのでテンションは46ポンド。
本当はもっと柔らかいポリエステルかマルチフィラメントで出場しようと考えていたのですが、
反発力が強いガットを使ったときにスピンをかけておとすスイングスピードを安定して出す自信がなかったので
やや反発力が抑えられているブラストで合わせてテクニックで勝負しようという狙いです。

試合のスコアは
一回戦6-2
二回戦6-4
三回戦6-2
準決勝7-6【7-2】
決勝3-6
になりました。

実は今回組んだペアは昔からの腐れ縁で高校、大学と試合であたったこともある同い年の友人で今月いっぱいで転勤になることもあって最後だけでも味方で終わろうぜ!ということだったのでどうしても優勝したかったですね。

準決勝。決勝と肘の激痛でサーブが入らずアンダーサーブというプライドが崩壊しそうになりながら勝ちにいったのですが
負けてしまいました。笑

プレーとしては今回は、ストロークやサービスエースをねらうようなプレーはせずに丁寧にサービス&ボレーを繰り返してロブが上がるまで待って友人に決めてもらったりドロップボレーでちょこざいなプレーを徹底して行いました。

特に二回戦の6-4ですが、スタートは0-3でした。
さすがに二回戦で負けたくはないので徹底してアンフォーストエラーを削り、かなり硬いプレーができたと思います。

私の友人ははっきりテニスの実力だけを見るとその大会でもトップの選手でした。
組んでみたわかったのはお互いにくだらないミスをしなければサービスゲームはまず落とさないなということです。
今回は私がゴミくずサービスしか打てなかったので決勝ではすこすこにやられてしまいましたが
それまではほとんどのサービスはキープしています。

リターンゲームもお互いに8割から9割程度リターンはしっかり返球して楽に相手にキープをさせませんでした。
それでもサーバー有利なゲームですので、落とすことの方が多かったですが、楽にキープできないというプレッシャーを相手に与えることでできたのでメンタル面ではかなり+になったと思います。

中身が濃かった試合はタイブレークの準決勝ですね。
相手がゴリゴリのハードヒッターと熟練のテクニシャンの試合でハードヒッターの方はミスを誘えばちょくちょくミスをしてくれたので楽だったのですが、熟練のテクニシャンはほんとミスがなかったですね。
ボレー、ストローク、ポーチ、スマッシュすべてにおいて技術では一枚上をいかれていたと思います。

相手のサービスゲームは本当に美しいサービス&ボレーから前に詰めてこられてアタックボレーでしたね。笑
ロブを打っても若いハードヒッターがどこまでもおいかけてスマッシュ打ちますし嫌なゲームでした。

やはり、試合で相手にしたくないのは手堅いテニスをする人ですね。
緊張感のあるぎりぎりの試合でした。

決勝は若い二人でボールスピードと勢いでスコアはがっつりいかれてしまっていますが、
試合を通して流れをつかめていたら十分に勝てていたと思います。

実は今月末にも団体戦があるので試合が続くのですが、基本的に今はテニスをお休みしています。
次回は、この男子ダブルスの前に出た、恐怖のミックスダブルスの経験について書きたいと思います。

ご期待ください♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP