全ての記事【新着順】

ミックスダブルス勝利の鉄則を学びました 勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




二月の末に人生初めてのミックスダブルスに出場しました。

小さな大会でしたので
2グループ
予選2試合。
各グループで一位通過したペアで決勝を行う。

上級
中級
初級
の三つのレベルわけで私は上級で出場しました。

最初に結果を述べると予選敗退です。
さらに2連敗。
つまりは一勝もできずに敗退しました笑

ミックスダブルスならではの戦い方があるのでだとテニス歴20年を超えて初めて知れて楽しかったですね。

では、ミックスダブルスの勝利の鉄則について書いていきたいと思います。

基本的に女性狙い

予選の二試合とも徹底的に女性が狙われていました。
私がボールに触れることができたのはリターンを除けば10球程度ではないでしょうか。笑

実質1対2の試合ですね。
相手方の男性、女性と私のペアとの戦いになりました。

私のペアはストロークは上手なのですが、ボレー勝負になると分が悪く
多くのポイントを落としてしまいました。

その間私は立っていただけです笑

なのでミックスダブルスでは女性を狙うことが鉄則のようです。

女性の打ったストロークは積極的に男性がポーチ

個人的にこの日のミックスは楽しみながらできたらいいと考えていたので女性の甘いボールもポーチせずに女性同士のストロークを楽しんでもらおうと思ったのですが、相手方のペアの男性はとにかくポーチでした。
確かに試合で勝つという目的を達成するためには甘いボールを逃さないということは大事ですよね。

苦しい展開の時は女性の方に深いロブ

男性の方にロブを上げるとミスの可能性もありますが、力強いスマッシュが返ってくることが多いです。
一方で女性はミスは少ないですが、男性に比べると威力が出ない。
だから一発で決めらないケースが多いです。

苦しい体勢を整えたいときに女性の方にロブは有効のようですね。

女性がサービスの時男性は積極的に前に出る

女性のボールは男性からするとやはりゆっくりに感じますよね
なので相手方は積極的に前に出てきていました。

女性の方にロブが来ることも多々ありますので、十分なロブを上げさせないためにコースをついたり
ドロップボレーを積極的に使っている方もいらっしゃいました。

まとめ

ミックスダブルスで勝利を目的にした場合
やはり女性を中心に狙うのがベターのようです。

実際にミックスダブルスに出て、男子ダブルスとの違いを感じました。
男子ダブルスも下手な方を狙うのは普通のことですが、どちらかといえば自分のとの闘いの割合が多いように感じます。
ミックスダブルスではペアとしっかりと作戦を手も足も出ないということに陥りがちです。
特に女性を中心に狙ってくる相手と対戦した時に無理をしてポーチでリスクを上げるのではなくロブやコースをついたしショットで相手に女性を狙う余裕を奪うことが大切だと思います。
ペアにはできるだけVS女性同士でやってもらうのがベターでしょう。

#これはあくまで一般的なケースで、女性がインカレやインターハイに出場するくらいの実力者の場合は違います。

個人的にはミックスダブルスはテニスでもまた少し違った協議になるのではないかと感じています。
予選負けは少し悔しかったのでもう一度チャレンジしようと思います。
できれば女性狙いをせずに勝てる作戦を模索したいと思います。笑

皆さんもミックスダブルスに出場。もしくは勝利したいという方は
ミックスならではの作戦を取り入れてみてはいかがでしょうか??

最後にここまでよんでくださったかたありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP